グリーナでんきの評判をチェック!電気料金や特典を紹介。利用者の口コミも。

GREENaでんき(グリーナでんき)の評判

更新

GREENaでんき(グリーナでんき)の評判

おすすめ度 3.5

GREENaでんき(グリーナでんき)の評判・画像

グリーナでんきは、メガソーラーや産業用太陽光発電の建設・部材販売等を手がける「ネクストエナジー・アンド・リソース」が運営する新電力サービス。東京電力、中部電力、関西電力のエリア内において、一般家庭向け、商店・事業所向け、工場などの大規模施設向けの電力小売り事業を行う。
再生可能エネルギーの買取制度(FIT電気とグリーン電力証書)を活用することで、日本で初めて再生可能エネルギーを100%使用した電力プランを実現している。
電源構成比は、50%が再生可能エネルギー(FIT電源含む)、50%がJPEX(卸電力取引所)電力。将来的には、すべての電源の自然エネルギー化を目標としているが、現在は、太陽光発電所などから「環境価値」を買い取り、電力利用者に移転する仕組み「グリーン電力証書」を利用して、契約者の再生可能エネルギー利用度を100%にアップしている。
グリーナでんきの電気料金プランは、100%再生可能エネルギーが特徴の「GREENa RE100」と、JPEX電力を活用することで電気料金を割安に設定した「GREENa スタンダード」の2種類。いずれの料金プランも、地球温暖化の原因となる温室効果ガス(二酸化炭素)の排出係数はゼロに抑えられている。
既存電力会社の電気料金プランと比較した場合、値引き率の面では必ずしも上位には入らないが、環境に対する取り組みや再生可能エネルギー比率の高さは特筆すべきものがある。電力自由化を機に、環境に配慮した電気を利用したい場合、チェックしておきたい電力会社の1つ。

対象エリア

東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア

おトク情報

  • 基本料金3%OFF!従量料金最大8%OFF!お得な電気料金とエコを両立
  • JPEX(卸電力取引所)の電力を利用した「GREENa スタンダード」は、東京電力・従量電Bと比較して基本料金が一律3%OFF、従量料金は最大8%OFFになる。CO2(二酸化炭素)の排出係数もゼロとなっており、電気料金の節約と地球環境保全の料率が可能。

グリーナでんきへ行く

グリーナでんきの評判・口コミ

GREENaでんきは今流行りの100%自然派エネルギーを使った新電力のサービスですね。個人的には自然派エネルギー賛成ですし、そういうサービスがあって良いと思うのですが、一般消費者にそこまで感度の高いユーザーがどれだけいるのかは疑問です。あとエコだから高くても仕方ないというのは謎ですし、エコでも価格も頑張って欲しい。少し高いくらいなら乗り換えるかもしれません。(41才・男・広告関連)

評判・口コミを投稿する

再生可能エネルギーに強い電力会社なら、こちらもチェック!

太陽光発電システムの開発・販売を手がけるLooopの新電力サービス。電源構成の26%を再生可能エネルギーで賄うほか、太陽光などを利用した自社発電所の建設にも力を入れている。基本料金は0円、従量料金のみの料金プランを提供。供給エリアは全国

Looopでんき

電気代が節約できるおすすめクレジットカード

オリコカード・ザ・ポイント

ポイント還元率1.0%。入会から6か月間はポイント2倍

オリコカード・ザ・ポイント

  • 年会費無料
  • 100円につき1ポイントが貯まる
  • 入会から6か月間はポイント2倍(上限5,000オリコポイントまで)
  • 貯めたポイントはAmazonギフト券やTポイント、楽天スーパーポイント、マイル等に交換可能
  • 入会&カード利用で最大8,000円相当のポイント(2018年9月30日カード発行分まで)

GREENaでんき(グリーナでんき)の電気料金プラン

GREENa RE100 ファミリー

GREENa RE100 ファミリーの詳細

グリーナでんきの「GREENa RE100 ファミリー」は、契約アンペアが30A~60Aの一般家庭向けの電気料金プラン。既存の電気料金プランと比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」が該当する。
「GREENa RE100 ファミリー」の電気料金は、基本料金・従量料金ともに東京電力の「従量電灯B」と同額。ただし、供給電力の50%を再生可能エネルギー(FIT電源含む)でまかなっており、発電所の「グリーン電力証書」を利用することで再生可能エネルギー100%を実現している。グループ会社の事業内容(太陽光発電設備の開発・販売・建設等)含め、新電力の中でも環境への配慮に注力した電力会社と言えるだろう。
電気料金の支払いは、口座振替とクレジットカード払いに対応。
電気料金そのものは既存電力会社と差がないため、電気料金の節約を目的とした場合は候補になりにくいものの、現在利用している電気を再生可能エネルギーに切り替えたい場合は検討の余地がある電気料金プランだろう。

こんな人におすすめ

  • 再生可能エネルギーによる電気を利用したい
  • 再生可能エネルギー普及に前向きな電力会社を応援したい

GREENa RE100 ファミリーの特典

  • CO2(二酸化炭素)の排出係数はゼロ
  • グリーン電力証書・・・GREENa RE100プランでは全国の対象発電所の中から「グリーン電力証書」を購入する発電所を選択可能

電気料金の詳細

計算式

(基本料金単価)+(従量料金単価×1ヶ月の使用量)±(燃料費調整額×1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価 30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円
従量料金単価 120kWhまで 19.52円
120kWh超過300kWhまで 26.00円
300kWh超過 30.02円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。

GREENa スタンダード ファミリー

GREENa スタンダード ファミリーの詳細

グリーナでんきの「GREENa スタンダード ファミリー」は、契約アンペアが30A~60Aの一般家庭向けの電気料金プラン。既存の電気料金プランと比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」が該当する。
「GREENa スタンダード ファミリー」の電気料金は、基本料金が東京電力の3%OFF、従量料金が最大8%OFFになる。また、供給電力の50%をFIT電力でまかなっており、国内電力会社の中でも再生可能エネルギー比率が高い。さらに、地球温暖化の原因と言われるCO2(二酸化炭素)の排出係数もゼロとなっている。
電気料金の支払いは、口座振替とクレジットカード払いに対応。
他の新電力と比較した場合、電気料金の割安度は中堅レベルだが、現在、大手電力会社を利用している世帯であれば、切り替えることで電気料金が安くなる可能性が高い。電気料金を節約しながら地球環境にも配慮した電気を利用したい世帯に利用価値の高い電気料金プランだろう。

こんな人におすすめ

  • 再生可能エネルギーによる電気を利用したい
  • 再生可能エネルギー普及に前向きな電力会社を応援したい

GREENa スタンダード ファミリーの特典

  • CO2(二酸化炭素)の排出係数はゼロ

電気料金の詳細

計算式

(基本料金単価)+(従量料金単価×1ヶ月の使用量)±(燃料費調整額×1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価 30A 817.12円
40A 1,089.50円
50A 1,361.85円
60A 1,634.25円
従量料金単価 120kWhまで 19.52円
120kWh超過300kWhまで 24.70円
300kWh超過 27.61円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。

GREENa RE100 ビジネス

GREENa RE100 ビジネスの詳細

グリーナでんきの「GREENa RE100 ビジネス」は、契約アンペアが6kVA以上の家庭、商店、事業所、飲食店、マンション共用部向けの電気料金プラン。既存の電気料金プランと比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」が該当する。
「GREENa RE100 ビジネス」の電気料金は、基本料金・従量料金ともに東京電力の「従量電灯C」と同額。ただし、供給電力の50%を再生可能エネルギー(FIT電源含む)でまかなっており、発電所の「グリーン電力証書」を利用することで再生可能エネルギー100%を実現している。グループ会社の事業内容(太陽光発電設備の開発・販売・建設等)含め、新電力の中でも環境への配慮に注力した電力会社と言えるだろう。
電気料金の支払いは、口座振替とクレジットカード払いに対応。
電気料金そのものは既存電力会社と差がないため、電気料金の節約を目的とした場合は候補になりにくいものの、現在利用している電気を再生可能エネルギーに切り替えたい場合、再生可能エネルギー普及を応援することでイメージアップを図る場合などに利用価値の高い電気料金プランだろう。

こんな人におすすめ

  • 再生可能エネルギーによる電気を利用したい
  • 再生可能エネルギー普及に前向きな電力会社を応援したい

GREENa RE100 ビジネスの特典

  • CO2(二酸化炭素)の排出係数はゼロ
  • グリーン電力証書・・・GREENa RE100プランでは全国の対象発電所の中から「グリーン電力証書」を購入する発電所を選択可能

電気料金の詳細

計算式

(基本料金単価)+(従量料金単価×1ヶ月の使用量)±(燃料費調整額×1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価 1kVAあたり 280.80円
従量料金単価 120kWhまで 19.52円
120kWh超過300kWhまで 26.00円
300kWh超過 30.02円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。

GREENa スタンダード ビジネス

GREENa スタンダード ビジネスの詳細

グリーナでんきの「GREENa スタンダード ビジネス」は、契約アンペアが6kVA以上の家庭、商店、事業所、飲食店、マンション共用部向けの電気料金プラン。既存の電気料金プランと比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」が該当する。
「GREENa スタンダード ビジネス」の電気料金は、基本料金が東京電力の5%OFF、従量料金が最大8%OFFになる。また、供給電力の50%をFIT電力でまかなっており、国内電力会社の中でも再生可能エネルギー比率が高い。さらに、地球温暖化の原因と言われるCO2(二酸化炭素)の排出係数もゼロとなっている。
電気料金の支払いは、口座振替とクレジットカード払いに対応。
他の新電力と比較しても電気料金の割安度は高く、現在、大手電力会社を利用している場合、月々電気使用量に関わらず、切り替えることで電気料金が安くなる可能性が高い。電気料金を節約しながら地球環境にも配慮した電気を利用したいケースで特に利用価値の高い電気料金プランだろう。

こんな人におすすめ

  • 再生可能エネルギーによる電気を利用したい
  • 再生可能エネルギー普及に前向きな電力会社を応援したい

GREENa スタンダード ビジネスの特典

  • CO2(二酸化炭素)の排出係数はゼロ

電気料金の詳細

計算式

(基本料金単価)+(従量料金単価×1ヶ月の使用量)±(燃料費調整額×1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価 1kVAあたり 2.66.76円
従量料金単価 120kWhまで 19.52円
120kWh超過300kWhまで 24.70円
300kWh超過 27.61円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。

GREENa RE100 動力

GREENa RE100 動力の詳細

グリーナでんきの「GREENa RE100 動力」は、大型エアコンやエレベーターなどを使用する商店、事務所、工場、マンション向けの電気料金プラン。既存の電気料金プランと比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「低圧電力」が該当する。
「GREENa RE100 動力」の電気料金は、基本料金が東京電力エナジーパートナーと比較して5%割安。ただし、従量料金の夏季(7月・8月・9月)・その他季ともに5~6%割高に設定されている。
基本料金・従量料金とも電気料金単価に大幅なお得感はないが、供給電力の50%を再生可能エネルギー(FIT電源含む)でまかなっており、さらに、発電所の「グリーン電力証書」を利用することで再生可能エネルギー100%を実現していることから、再生可能エネルギーへの貢献等で、企業のイメージアップを図る効果は期待できる。
Webサイト上で電気料金のシミュレーションが行えるため、切り替えを検討する際は、まず試算のうえ、切り替え前後の電気料金差を比較すると良いだろう。

こんな人におすすめ

  • 再生可能エネルギーによる電気を利用したい
  • 再生可能エネルギー普及に前向きな電力会社を応援したい

GREENa RE100 動力の特典

  • CO2(二酸化炭素)の排出係数はゼロ
  • グリーン電力証書・・・GREENa RE100プランでは全国の対象発電所の中から「グリーン電力証書」を購入する発電所を選択可能

電気料金の詳細

計算式

(基本料金)+(夏季」または「その他季」の従量料金単価 × 1ヶ月の使用量)±(燃料費調整額 × 1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価(実量制)※1 1kWあたり 1,046.52円
電力量料金単価 夏季※2 18.06円
その他季 16.51円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。
※1 低圧電力の基本料金は、電力メーターで計測した過去1年間の各月のピーク電力の最も大きい値を契約電力とし、料金単価をかけることにより算出
※2 検針月が7、8、9月の場合

GREENa スタンダード 動力

GREENa スタンダード 動力の詳細

グリーナでんきの「GREENa スタンダード 動力」は、大型エアコンやエレベーターなどを使用する商店、事務所、工場、マンション向けの電気料金プラン。既存の電気料金プランと比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「低圧電力」が該当する。
「GREENa スタンダード 動力」の電気料金は、基本料金が東京電力エナジーパートナーと比較して7.8%割安。従量料金は夏季(7月・8月・9月)・その他季ともに東京電力エナジーパートナーと同額に設定されている。
従量料金に大幅なお得感はないが、基本料金が安く設定されているため、切り替えることで電気料金が安くなる可能性は高い。また、供給電力の50%を再生可能エネルギー(FIT電源含む)でまかなっており、国内電力会社の中でも再生可能エネルギー比率が高く設定されている。さらに、地球温暖化の原因と言われるCO2(二酸化炭素)の排出係数もゼロとなるため、再生可能エネルギーへの貢献等で、企業のイメージアップを図る効果は期待できるだろう。
Webサイト上では電気料金のシミュレーションが行えるため、切り替えを検討する際は、まず試算のうえ、切り替え前後の電気料金差を比較したい。

こんな人におすすめ

  • 再生可能エネルギーによる電気を利用したい
  • 再生可能エネルギー普及に前向きな電力会社を応援したい

GREENa スタンダード 動力の特典

  • CO2(二酸化炭素)の排出係数はゼロ

電気料金の詳細

計算式

(基本料金)+(夏季」または「その他季」の従量料金単価 × 1ヶ月の使用量)±(燃料費調整額 × 1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価(実量制)※1 1kWあたり 1,015.12円
電力量料金単価 夏季※2 17.06円
その他季 15.51円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。
※1 低圧電力の基本料金は、電力メーターで計測した過去1年間の各月のピーク電力の最も大きい値を契約電力とし、料金単価をかけることにより算出
※2 検針月が7、8、9月の場合

グリーナでんきへ行く