パルシステムでんきの評判をチェック!電気料金や特典を紹介。利用者の口コミも。

パルシステムでんきの評判

更新

パルシステムでんきの評判

おすすめ度 3.5

パルシステムでんきの評判・画像

パルシステムでんきは、パルシステムグループの子会社「パルシステム電力」が提供する新電力サービス。パルシステムの組合員および同一世帯の家族のみが申し込み可能な会員制サービスとなっている。なお、パルシステムは、首都圏を中心に展開する生活協同組合(生協)の1つで、組合員同士が出資し合うことで運営される非営利組織。電力供給事業のほかに、個人宅配事業や共済(保険)事業、福祉事業などを手がける。
電力供給エリアは、東京電力エリアと、東北電力の一部(福島県)および中部電力の一部(静岡県・富士川以西)。電源構成は、87.2%がFIT電気による再生可能エネルギー(2017年度計画値)となっており、将来的にはFIT電力比率100%を目指すなど、国内電力会社の中でも特に再生可能エネルギーに注力している。
パルシステムでんきの電気料金プランは、一般家庭向けの「発電産地応援プランA」と、店舗・事務所向けの「発電産地応援プランC」。いずれの料金プランも、基本料金・従量料金とも東京電力エナジーパートナーの従来プラン(従量電灯B)と同額。電気料金面でのお得度は少ないものの、支払い方法を口座振替にすることで割引を受けられる。また、鶏糞を利用したバイオマス発電や河川・農業用水路等を利用した水力発電など、地域発の再生可能エネルギー事業をサポートしており、主力事業と同様に営利性も薄い。パルシステムの運営理念に共感する組合員や、再生可能エネルギーに前向きな電力会社を応援したい家庭であれば、チェックしておきたい電力会社の1つだろう。

対象エリア

東京電力エリア、東北電力エリア(福島県)、中部電力エリア(静岡県・富士川以西)

おトク情報

  • 【期間限定】利用者特典 プレゼント実施中!
  • 期間中に「パルシステムでんき」にWEB申し込みか申込書と提出し、2018年8月6日までにパルシステムでんきの電気料金が累計6,000円以上になると、もれなく「までっこ鶏チキンナゲット300g×3袋をプレゼント!(2018年3月31日まで)

パルシステムでんきへ行く

パルシステムでんきの評判・口コミ

うちではパルシステムを長く取っていますが、パルシステムでんきの仕組みに関しては正直賛同できません。従来の東京電力の電気料金に+100円支払い、産地を応援するのが趣旨とのことですが、パルシステムはどこからか電力を降ろしてもらっているか、自家発電していて、かなり安く電気を仕入れている訳で、契約者が増えるとしっかり利益がでるはず。その利益を削らずに、プラスアルファ消費者から徴収するというのは正直どうなんでしょうか?とても良い評判を獲得できるようなサービスではないと思います。(40才・男・広告関連)

評判・口コミを投稿する

再生可能エネルギーに強い電力会社なら、こちらもチェック!

太陽光発電システムの開発・販売を手がけるLooopの新電力サービス。電源構成の26%を再生可能エネルギーで賄うほか、太陽光などを利用した自社発電所の建設にも力を入れている。基本料金は0円、従量料金のみの料金プランを提供。供給エリアは全国

Looopでんき

電気代が節約できるおすすめクレジットカード

オリコカード・ザ・ポイント

ポイント還元率1.0%。入会から6か月間はポイント2倍

オリコカード・ザ・ポイント

  • 年会費無料
  • 100円につき1ポイントが貯まる
  • 入会から6か月間はポイント2倍(上限5,000オリコポイントまで)
  • 貯めたポイントはAmazonギフト券やTポイント、楽天スーパーポイント、マイル等に交換可能
  • 入会&カード利用で最大8,000円相当のポイント(2018年3月28日カード発行分まで)

パルシステムでんきの電気料金プラン

発電産地応援プランA

発電産地応援プランAの詳細

パルシステムでんきの「発電産地応援プランA」は、契約アンペアが10A~60Aの一般家庭向けの電気料金プラン。既存の電気料金プランと比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」が該当する。
「発電産地応援プランA」の電気料金は、基本料金・従量料金ともに東京電力の「従量電灯B」と同額。切り替えによる電気料金面でのメリットは薄いものの、供給電力の87.2%をFIT電気でまかなっており、再生可能エネルギーの比率は国内電力会社の中でもトップクラスとなっている。また、基本料金内には「発電産地応援金」が含まれており、発電産地の電力事業や新発電所の建設資金等に利用される。新電力の中でも特に、環境への配慮が光る電力会社と言えるだろう。
電気料金の支払いは、口座振替とクレジットカード払いに対応(パルシステムの個別宅配などを利用している場合は合算請求)。電気料金を口座振替払いにした場合、54円(税込)の口座振替割引を受けることができるのでチェックしておきたい。
電気料金の節約を目的とした場合は、選択肢となりにくいが、パルシステム利用世帯で再生可能エネルギーによる電気を利用したい場合は、検討したい電気料金プランだろう。

こんな人におすすめ

  • 再生可能エネルギーによる電気を利用したい
  • 生協の再生可能エネルギーの推進事業に協力したい

発電産地応援プランAの特典

  • 口座振替割引・・・電気料金を口座振替で支払うと、請求額から54円(税込)を割引

電気料金の詳細

計算式

(基本料金単価)+(従量料金単価×1ヶ月の使用量)±(燃料費調整額×1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価*1 10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円
従量料金単価 120kWhまで 19.52円
120kWh超過300kWhまで 26.00円
300kWh超過 30.02円
違約金 なし

*1 10A につき280.80円(対象契約電流:10A~60A)
※金額は全て税込で表示しています。

発電産地応援プランC

発電産地応援プランCの詳細

パルシステムでんきの「発電産地応援プランC」は、商店・事務所あるいは電気使用量が非常に多い家庭向けの電気料金プラン。既存の電気料金プランと比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯C」が該当する。
「発電産地応援プランC」の電気料金は、基本料金・従量料金ともに東京電力の「従量電灯C」と同額。切り替えによる電気料金面でのメリットは薄いものの、供給電力の87.2%をFIT電気でまかなっており、再生可能エネルギーの比率は国内電力会社の中でもトップクラスとなっている。また、基本料金内には「発電産地応援金」が含まれており、発電産地の電力事業や新発電所の建設資金等に利用される。新電力の中でも特に、環境への配慮が光る電力会社と言えるだろう。
電気料金の支払いは、口座振替とクレジットカード払いに対応(パルシステムの個別宅配などを利用している場合は合算請求)。電気料金を口座振替払いにした場合、54円(税込)の口座振替割引を受けることができるのでチェックしておきたい。
電気料金の節約を目的とした場合は、選択肢となりにくいが、パルシステム利用世帯で再生可能エネルギーによる電気を利用したい場合は、検討したい電気料金プランだろう。

こんな人におすすめ

  • 再生可能エネルギーによる電気を利用したい
  • 生協の再生可能エネルギーの推進事業に協力したい

発電産地応援プランCの特典

  • 口座振替割引・・・電気料金を口座振替で支払うと、請求額から54円(税込)を割引

電気料金の詳細

計算式

(基本料金単価)+(従量料金単価×1ヶ月の使用量)±(燃料費調整額×1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価 1kVAあたり 280.80円
従量料金単価 120kWhまで 19.52円
120kWh超過300kWhまで 26.00円
300kWh超過 30.02円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。

パルシステムでんきへ行く