昭和シェルが提供する電気料金プラン「選べる電気」の評判をチェック!注目のキャンペーンや入会特典、利用者の口コミも。

昭和シェル石油 選べる電気の評判

更新

昭和シェル石油 選べる電気の評判

おすすめ度 4.0

昭和シェル石油・画像

選べる電気は、大手石油会社・昭和シェル石油が提供する新電力サービス。天然ガス(LNG)や廃油を使用した火力発電を中心に、バイオマス、太陽光等、様々な発電施設を自社で所有。電力事業へは2003年から工場・オフィスビル等への供給実績を持つ。電源構成は98%が天然ガスによる火力発電。
一般家庭向けの電気料金プランは石油元売の強みを生かした「ガソリンが10円/L安くなる電気」と、時間帯によって電気の料金単価が変わる「昼はもちろん夜に差が出る電気」の2種類を提供。車の利用頻度が高い家庭や、夜間の電気使用量が多い家庭など、対象を絞り込むことにより、条件に合致する家庭であれば非常に大きなメリットを受けられる電力サービスとなっている。
また、いずれのプランにおいても、事前にクレジットカードを登録し、昭和シェルSSでの給油時にカード決済をするとガソリン代が割引になる
電気使用量が比較的多い家庭や、マイカーを利用している家庭、共働き等で昼間よりも夜の電気使用頻度が高い家庭は要チェックの電力会社だろう。

対象エリア

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨木、栃木、群馬、山梨、静岡(※富士川以東)

おトク情報

  • 電気設備に関するトラブルを24時間365日無料でサポートする「電気駆けつけサービス」を提供
  • 「電気が点かない」「ブレーカーが落ちる」等の電気設備のトラブルに24時間365日対応。出張費と60分以内の作業費が無料となる(特殊工具や部品交換を要するなど、作業内容により別途費用が掛かる場合もあり)。

昭和シェル石油へ行く

昭和シェル石油の評判・口コミ

昭和シェルユーザーです。SSが自宅と職場の近くにあり、電気を始めたことも知っていましたが、電気を切り替えるという発想がイメージしづらくて、なんとなく放置してました。(ガソリンが安くなっても電気は逆に高くなるんじゃないの?等、不安も・・・。)ただ、家庭それぞれに電気の使い方があってベストな電力会社は違うと思いますが、やっぱり切り替えたほうが多少はおトクになりそうです。わが家は車2台持ちなので、ガソリン代が安くなる方が元が取れます。(43才・女・兼業主婦)
我が家の電気料金で考えると、電気料金自体は東京電力エナジーパートナーの従来のプランと全く同じで、電力会社を切り替える意味はありませんでした。ただガソリン代のリッター10円引きは、車を乗る際に本当に大きい。他の電力比較サイトでも調べましたが、車によく乗る家で特に燃費が悪い車に乗っている場合、ここの電気料金プランは本当に神という評判でした。うちは車の使用頻度が高くないので悩みどころでまだ決め切れていませんが、一人暮らしを除く車に乗る機会がある家庭なら、切り替えて損をすることはない、電力会社であることは間違いないと思います。(39才・男・広告関係)
車通勤してます。月のガソリン代が1万円くらいかかってますが、リッター10円引きになれば年1万円以上浮くのでかみさんに相談中です。ただ、うちは電気はそれほど使わないので、電気代はむしろ年4~5千円くらい高くなると言われました。トータルでお得になればいいと思うんですが・・・。(40才・男・会社員)

評判・口コミを投稿する

電気代が節約できるおすすめクレジットカード

シェル-Pontaクレジットカード

ガソリンが1リッターあたり10円割引+2ポイント貯まる!

シェル-Pontaクレジットカード

  • 通常の特典+Pontaポイントが1リッターあたり2ポイント貯まる
  • 初年度年会費無料!※次年度以降も年1回の昭和シェルのサービスステーション利用で年会費無料

昭和シェル石油の電気料金プラン

昭和シェル石油 ガソリンが10円/L安くなる電気

昭和シェル石油の詳細

「ガソリンが10円/L安くなる電気」は、契約アンペアが10A~49kVA(490A)の一般家庭向け電気料金プラン。既存の電気料金と比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」「従量電灯C」が該当する。
「ガソリンが10円/L安くなる電気」の最大の特徴は、昭和シェルSSでの給油時にガソリンが1リッターあたり10円割引される点。割引は、電力会社の切り替え完了後、クレジットカードを事前登録し、給油時にカード決済するだけで自動的に適用される。また、クレジットカードがない場合も、Pontaカードを登録し、現金払いすることで、リッター10円引き+1ポイントが貯まる。昭和シェルの提携クレジットカード(シェルPontaクレジットカード等)を利用するとさらに割引額がアップする点も要チェック。
電気料金プランは、電気の使用量が多いほど割安になる料金体系を採用(*東京電力エナジーパートナー・従量電灯Bと比較した場合)。毎月の電気使用量が200kWhを超えない家庭では反対に割高となる点には注意が必要だが、月々の電気料金が17,000円以上(電気使用量600kWh以上)の家庭であれば、確実に切り替えのメリットを享受できる。
また、車をよく利用する家庭や月々の給油量が多い家庭であれば、ガソリンのリッター10円割引によってガソリン代の大幅な節約も可能。
マイカー通勤者や家族で複数の車を所持している等、日常生活でよく車を利用する家庭は検討する価値のある電気料金プランだろう。

こんな人におすすめ

  • 車をよく利用する家庭
  • 電気使用量が非常に多い家庭(600kWh以上)

昭和シェル石油の特典

  • 切り替え後にクレジットカードまたはPontaカードを登録すると昭和シェルSSでの給油が1リッターあたり10円割引

電気料金の詳細

計算式

(ベースプライス)-(600kWhプレミアム割引)±(燃料費調整額×1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

従量料金単価(ベースプライス) 100kWhまで 1,952円+280.8円×契約電流(A)÷10
または1,952円+280.8円×契約容量(kVA)
100kWh超過200kWhまで 100kWhまでのベースプライス+2,470.4円
200kWh超過300kWhまで 100kWh超過200kWhまでのベースプライス+26円 × (200kWhを超過し300kWhまでの電気使用量)
300kWH超過 200kWh超過300kWhまでのベースプライス+30.02円 × (300kWhを超過した電気使用量)
600kWhプレミアム割引 1.00円×電気使用量
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。

昭和シェル石油 昼はもちろん夜に差が出る電気

昭和シェル石油 昼はもちろん夜に差が出る電気の詳細

「昼はもちろん夜に差が出る電気」は、契約アンペアが10A~49kVA(490A)の一般家庭向け電気料金プラン。既存の電気料金と比較する場合、東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」「従量電灯C」が該当する。
「昼はもちろん夜に差が出る電気」の最大の特徴は、午後8時から翌朝7時までの時間帯において電気の従量料金(電気使用量に応じて発生する料金)が割安に設定されている点。
基本料金の単価は東京電力エナジーパートナーの従来プランと同一だが、従量料金部分で差をつけることで、夜から早朝にかけて電気の利用が多い家庭や、月々の電気料金が約5,000円以上(電気使用量200kWh以上)の家庭で、電気料金を節約することができる。
また、給油時に昭和シェル石油のSSを利用し、事前登録したクレジットカード(もしくはPontaカード)で決済すると、ガソリンが自動的にリッター1円引になる特典も付帯。昭和シェルの提携クレジットカード(シェルPontaクレジットカード等)を利用するとPontaポイントも貯めることができる。
共働き等で昼間の電気使用量が少ない家庭や、電気使用量が比較的多めの家庭に、特におすすめの電気料金プランと言えるだろう。

こんな人におすすめ

  • 共働き等で昼間不在がちな家庭
  • 月々の電気使用量が200kWh以上(約5,000円以上)の家庭

昭和シェル石油 昼はもちろん夜に差が出る電気の特典

  • 切り替え後にクレジットカードまたはPontaカードを登録すると昭和シェルSSでの給油が1リッターあたり1円割引

電気料金の詳細

計算式

(基本料金)+(デイタイム使用量 × デイタイム単価)+(ナイトタイム使用量 × ナイトタイム単価)±(燃料費調整額 × 1ヶ月の使用量)+(再生可能エネルギー発電促進賦課金単価 × 1ヶ月の使用量)

料金単価表

基本料金単価 10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円
6kVA以上 1kVAあたり 280.80円
従量料金単価 デイタイム 100kWhまで 19.91円
100kWh超過150kWhまで 23.22円
150kWh超過 27.32円
ナイトタイム(午後8時~翌朝7時) 23.35円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。

昭和シェル石油へ行く