ずっともガスの評判をチェック!東京ガスの新しいガス料金プランや各種のサービスを紹介。利用者の口コミも。

東京ガス ずっともガスの評判

更新

東京ガス ずっともガスの評判

おすすめ度 4.0

東京ガス ずっともガスの評判・画像

東京ガスは、2017年4月の都市ガス小売自由化まで、関東(1都6県)の中心エリアにおいて都市ガス供給を行っていたガス会社。2016年4月に始まった電力小売自由化では、一般家庭向けの電力事業にも参入しており、新電力最多となる約70万件の申込件数を獲得している
ガス自由化に伴っては、新しいガス料金プラン「ずっともガス」をスタート。東京ガスの既存のガス料金プランである「一般料金」から切り替えると、毎月のガス料金に応じて、東京ガスの独自ポイント(パッチョポイント)を貯められるようになる。
また、東京ガスの電気料金プラン「ずっとも電気」を申し込み、ガス料金の支払いとセットにすると、月額270円のセット割を適用。パッチョポイントの付与率も3倍(計15ポイント)にアップするため、都市ガスの切り替えを検討する際は、ガスと電気合わせての切り替えも視野に入れておくと良いだろう。
公式サイトでは、「ガスのみ切り替えた場合」「電気のみ切り替えた場合」「ガスと電気を同時に切り替えた場合」の3パターンの料金シミュレーションが可能。ガスと電気の検針票を用意すれば、切り替えの申込手続きも簡単に行うことができる。
首都圏の都市ガス利用世帯であれば、東京ガスはおなじみのガス会社であるケースが多い。ガス料金については、ガス自由化後も大きな変化は見られないが、電気とのセットで多数の特典を用意しているため、都市ガスの切り替えだけではなく電気の切り替えにおいてもチェックしておきたい会社の一つ

対象エリア

東京ガスの都市ガス供給エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県※左記1都6県の一部地域)

おトク情報

  • ガスと電気セット割で月270円OFF! ガス・電気・プロバイダのトリプル割で月最大570円OFF!
  • 東京ガスの電気とガスを契約者・使用場所・支払方法とも同一で契約すると、月々の電気料金から270円引。さらに「ガス・電気セット割」が適用されている契約者が対象プロバイダに新規加入(もしくは契約中のプロバイダに申請)すると100円から300円引になる。

ずっともガスへ行く

東京ガス ずっともガスの評判・口コミ

東京ガスの一般料金プランから「ずっとも電気」とセットで「ずっともガス」に切り替えました。電気はスマートメーターになっていないと、切り替わるまでに少し時間がかかります。ガスはあっという間。申し込みから10日くらいで契約変更のハガキが届きました。ただ、東京ガスを使っている家庭だと、ガスだけ「ずっともガス」に切り替えることは、あまり意味がないようにも思います(我が家の場合は東京ガスのポイントが月30ポイントくらいもらえるだけ)。都市ガス世帯が切り替えるなら、電気とセットにした方がお得だと思いました。(40才・女・会社員)
もともと「ずっとも電気」を使っていて、ガスに関しても東京ガスでしたが、「ずっともガス」だとポイントが貯まるということだったので、「ずっともガス」への申し込みをしたのですが、我が家に限って言えば床暖房などもガスで行っていて、ガスの使用量が多い特別なプランに加入しているので、「ずっともガス」に切り替えると結果的に高くなってしまうという電話がかかってきました。その結果、「ずっともガス」への切り替えを見送ったのですが、多分マンション住まいで床暖房を使っている場合は、私と同じような方がいらっしゃるのではないかと思うので注意が必要です。ただ、東京ガスがわざわざそのことを教えてくれた点はすごく親切だと思いました。(39才・女・専業主婦)

評判・口コミを投稿する

ガス代が節約できるおすすめクレジットカード

ライフカード

ポイントアップサービスが充実!公共料金の支払いにおすすめ

ライフカード

  • 年会費無料
  • 1,000円につき1ポイント貯まる
  • 入会初年度ポイント1.5倍、誕生日月はポイント5倍
  • 50万円利用でボーナス300ポイント

東京ガス ずっともガスの料金

東京ガス ずっともガス

ずっともガスの詳細

ずっともガスは、2017年4月の都市ガス小売自由化とともに東京ガスが新たに提供を開始したガス料金プラン。
東京ガスが従来から提供している「一般料金」と比較すると、基本料金・単位料金ともに大きな変化は見られない。
ただし、「一般料金」から「ずっともガス」に切り替えることで、ガス料金1,000円につき5ポイントのパッチョポイントが貯まるようになる。貯めたパッチョポイントは、500ポイントから楽天やTポイントなどの提携ポイントに交換可能。同じく東京ガスが提供する「ずっとも電気」とセットで申し込むと、2019年3月までの期間限定で、もらえるパッチョポイントが15ポイントにアップする。
注意したいのは、ガス使用量が少ない家庭の場合、「一般料金」から「ずっともガス」に切り替えることで、ガス料金が反対に高くなってしまう可能性がある点。
従来の「一般料金」では、1ヶ月のガス使用量に応じて変化する料金表の区分が、20m³を境に「A」から「B」へと繰り上がるのに対し、「ずっともガス」では10m³の時点で「B」の料金単価に繰り上がる。また、「A」部分の単位料金も、「ずっともガス」のほうが「一般料金」よりもやや割高。
そのため、1ヶ月のガス使用量が20m³に満たない家庭は、現在の「一般料金」を継続するか、電気も同時に切り替えて「セット割」を活用できるようにしたほうが良いだろう。
ガスの使用量に応じて切り替えるべきかどうかは分かれるが、ガスを比較的利用する家庭であれば、ポイント付与のぶんお得になる可能性の高いガス料金プランだろう。

こんな人におすすめ

  • 毎月のガス使用量が20m3以上の家庭
  • 電気とガスをセットで切り替えたい家庭

ずっともガスの特典

  • 毎月のガス料金1,000円につきパッチョポイント5ポイントが貯まる(電気とセットで契約した場合、ガス・電気料金1,000円につき15ポイントにアップ)
  • 「ガス・電気セット割」で月々270円割引!

ガス料金の詳細

計算式

(基本料金)+(単位料金×1ヶ月の使用量)※単位料金は原料費調整制度に基づいて毎月調整され、各月分が適用されます。

料金単価表

基本単位料金 1ヶ月のガス使用量 基本料金 基準単位料金
A(0m³から10m³まで) 745.20円 157.24円
B(10m³をこえ80m³まで) 1,036.80円 128.08円
C(80m³をこえ200m³まで) 1,209.60円 125.92円
D(200m³をこえ500m³まで) 1,857.60円 122.68円
E(500m³をこえ800m³まで) 6,177.60円 114.04円
F(800m³をこえる場合) 12,225.60円 106.48円
違約金 なし

※金額は全て税込で表示しています。
※単位料金(基準単位料金)は原料費調整制度に基づいて毎月変動します。

ずっともガスへ行く