光熱費の支払いにおすすめの、ポイント還元率の高いクレジットカードを紹介。

光熱費の支払いにおすすめのクレジットカード

更新

節約と同時に支払い方法を見直そう

「毎月の固定費である光熱費を少しでも節約をしたい」という方がほとんどではないでしょうか。たしかに、節約を実践することも大切です。しかし、同時に目を向けたいのが支払い方法。

光熱費を支払う場合には、クレジットカード払いにすることで現金払いに比べ、かなりお得になるケースがあります。支払い方法を変えるだけで、そのメリットを享受することができるので、ぜひ試してみましょう。

ただし、利用するクレジットカードによって、その「お得度」は大きく異なります。本特集では、光熱費の支払いに最適なクレジットカードの選び方と、おすすめのカードについて紹介していきます。

光熱費をクレジットカードで支払うメリットは?

東京電力では、電気代を口座振替にすることでひと月54円(税込)の割引が適用されます。料金の多寡に関わらず同額の割引が適用されるため、口座振替の年間割引額は、どの家庭でも648円(税込)です。

1クレジットカードのポイントが貯まる

光熱費の支払いをクレジットカード払いにする最大のメリットは、クレジットカードのポイントが貯まることです。同じ金額を支払っていても、クレジットカード払いの人と現金払いの人とでは、月々ポイント分の差が広がっていきます。

さらに、ポイント還元率が0.5%のクレジットカードを利用している人と、還元率1.5%の人とでは3倍もの差が生じます。つまり、光熱費の支払いには、より高還元のクレジットカードを利用するのが賢い選択と言えるでしょう。

月の光熱費が2万円(年間24万円)の場合

  • ポイント還元率0.5%:1,200円分お得
  • ポイント還元率1.0%:2,400円分お得
  • ポイント還元率1.5%:3,600円分お得

2カードの明細書で光熱費の増減を確認できる

光熱費を節約したい場合、月の支払いの増減額にも注目する必要があります。しかし、それぞれの光熱費の支払い日が異なると、「いくら支払ったのか」「先月と比べどれくらい増減したのか」がわかりにくくなることがあります。光熱費をクレジットカード払いにすると、カードの利用明細により光熱費の増減を一目で把握できるので、家計状況の把握にも役立ちます。

光熱費支払いにおすすめのクレジットカードは?

光熱費の支払いに利用するクレジットカードは、ポイント還元率が少なくとも1.0%以上のものを選ぶようにしましょう。また、貯まったポイントをどのように利用できるのかも併せてチェックすることが大切です。ここでは、光熱費の支払いに最適なポイント還元率の高いクレジットカードを3つご紹介します。

リクルートカード

リクルートカードは、ポイント還元率が常時1.2%。毎月15日までの利用金額に対して、支払いを行った月の11日に金額に応じたリクルートポイントが付与されます。nanacoやsuicaなどの電子マネーへのチャージでもポイントが付くため、ポイントの2重取りも可能。リクルートポイントは1ポイント1円で利用でき、Pontaポイントへの交換、じゃらんやホットペッパーグルメなど、リクルートグループの支払いに充当することができます。

リクルートカードの特徴

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1.2% (15日までの利用金額に応じて付与)
  • 電子マネーへのチャージでもポイントが付与される
  • ポイントはPontaポイントへの交換や、リクルートグループの支払いに利用可能
  • 国際ブランドはVISA、JCBから選択可能

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

OricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント) は、ポイントの還元率に定評のある年会費無料のクレジットカード。還元率は常時1.0%で、カード利用100円ごとに1オリコポイントが付与され、1ポイントは1円相当で利用可能。入会から6ヶ月間は、常に2.0%の還元率になるのも魅力です。オリコカード会員専用のポイントサイト「オリコモール」を経由して買い物をすると、最大15%のポイント還元に加え、オリコカード・ザ・ポイントの利用でさらに還元率が+0.5%に。ポイントは500ポイントから利用でき、オリコカード会員向けのポイント交換サイト「オリコポイントゲートウェイ」から商品やギフト券、他のポイント・マイルとの交換が可能です。

OricoCard THE POINTの特徴

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1.0%(100円ごとに1ポイント)※入会から6ヶ月間はポイント還元率2.0%
  • ポイントは500ポイントから商品・ギフト券への交換、他のポイント・マイルへの交換が可能(例:Amazonギフト券は500ポイントで500円分、2,000ポイントで2,000円分、5,000ポイントで5,000円分と交換可能。)
  • 1ポイント=1円相当
  • 国際ブランドはMastercard、VISA、JCBから選択可能

レックスカード

今回紹介する中で、一番のポイント還元率を誇るのがレックスカード。ポイント還元率は1.5%と一般的なクレジットカードの3倍です。2,000円の利用ごとに30REX POINTポイントが付与され、1,500ポイントごとに、Jデポ1,500円分・ANA300マイルと交換が可能。Jデポとは、カード利用料金の引き落とし時に適用される割引(デポジット)で、1ポイント1円として引き落としの際、自動的に利用額から差し引かれます。さらに、リボ払いを選択した場合には、2.0%の還元率となり、2,000円ごとに40ポイントが付与されます。
年会費は初年度無料、年度内のショッピング利用50万円以上で次年度以降も無料になります。50万円未満の場合には、年会費2,500円(税別)が必要です。

レックスカードの特徴

  • 初年度年会費無料(次年度以降は条件を満たせば無料)
  • ポイント還元率1.5%(2,000円ごとに30ポイント)
  • ポイントは1,500ポイントから口座引き落としの料金が割引されるJデポか、ANAのマイルへ交換可能
  • Jデポは1ポイント=1円相当
  • 国際ブランドはVISAのみ

ポイントの利用方法にも注目

光熱費の支払いに利用するクレジットカードを選ぶ場合には、ポイント還元率はもちろん、貯まったポイントの利用方法にも注目しましょう。あまり利用しないサービスのポイントが貯まっても意味がありません。本特集で紹介したクレジットカードは、どれもポイントを利用できるシーンが多彩で、利用に困ることはないでしょう。

光熱費の節約術を実践しながら、支払いはクレジットカードに。それにより最大のお得を手に入れましょう。

(著者:久我裕紀)