中国電力から新電力への乗り換え

中国電力からの乗り換え おすすめ4選

更新

山口県、広島県、岡山県、鳥取県、島根県の5県をカバーする中国電力。2016年4月から電力自由化がスタートし、中国地方でも自由に電力会社を選べるようになりましたが、中国地方に住んでいる方の中には「まだ中国電力のまま」という方もいらっしゃるはず。

ご存じない方も多いと思いますが、中国電力管内のほとんどの方が、実は簡単な手続きで中国電力から新電力へ乗り換えるだけで電気代が安くなります

できるだけ無駄な支出は抑えたい、家計をしっかり節約したいと考えている方であれば、積極的に中国電力からの乗り換えを検討したいところ。(※ちなみに大家族はもちろん一人暮らし世帯でも、中国電力から新電力へ乗り換えることで、電気代を節約できる可能性があります。)

ただ電力会社を乗り換えるといっても、新電力は選択肢が多く各家庭に合った最適な新電力を見つけるのは簡単ではありません。また、安易に電力会社を乗り換えてしまうと、かえって電気料金が高くなるケースがある点にも注意しなければなりません。

そこで今回は、エネセーブ編集部が「中国電力から乗り換えることで、確実に電気料金が安くなる電力会社」を厳選し、ご紹介します。家庭別の平均電気代と比較しながら、実際にどれくらい電気代が安くなるのかも併せて解説しているので、中国電力から新電力への乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

中国電力からの乗り換えにおすすめの電力会社 その1:HTBエナジー

一人暮らし、大家族関係なく電気代が一律5%割引に!HTBエナジー

HTBエナジー画像

HTBエナジーは、旅行事業大手のH.I.S.グループと、その傘下のハウステンボスが提供する新電力のサービス。中国地方でもサービスを提供しており、「中国もみじプラン従量電灯B5」では、基本料金と従量料金がそれぞれ5%割引になる点が最大の魅力。またHTBエナジーは、電気使用量に関係なく一律5%の割引が適用されるため、現在中国電力と契約している大家族はもちろん、一人暮らしの方でも確実に電気料金が安くなる点も大きな魅力。さらにHTBエナジー契約者は、H.I.S.の旅行で割引が受けられる「H.I.S.ベネフィットセクション」という特典が利用でき、国内外の旅行が最大3,000円割引になる点も嬉しい。

一人暮らし

一人暮らしの場合

年3,427円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯AとHTBエナジーの電気料金を比較

中国・四国地方の一人暮らし世帯電気代平均:68,532円(5,711円/月)
HTBエナジーの一人暮らしの電気代概算:65,105円(5,425円/月)

2人

DINKS(2人)の場合

年5,831円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯AとHTBエナジーの電気料金を比較

中国・四国地方の2人暮らし世帯電気代平均:116,626円(9,719円/月)
HTBエナジーの2人暮らしの電気代概算:110,795円(5,831円/月)

3~4人家族

3~4人家族の場合

年7,142円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯AとHTBエナジーの電気料金を比較

中国・四国地方の4人暮らし世帯電気代平均:142,847円(11,904円/月)
HTBエナジーの4人家族の電気代概算:135,705円(11,309円/月)

中国電力からの乗り換えにおすすめの電力会社 その2:Looopでんき

基本料金0円!使った分だけ支払うシンプルな電気料金プランが魅力Looopでんき

Looopでんき

Looopでんきは、太陽光や風力などの自然エネルギーシステムの開発、販売事業を行う株式会社Looopが提供する新電力のサービス。中国地方でも新電力のサービスを提供しており、最大の特徴は、基本料金が0円で、使用した分だけ支払うシンプルな料金体系を実現している点。一般家庭向けの従量料金プラン「おうちプラン」は、24円(税込)/kWhとなっており、中国電力の電気料金と比較した場合、多くの家庭で、料金が安くなるだろう。また電源構成の4分の1以上を再生可能エネルギーで賄っているため、子どもの世代に環境問題の負担を先送りしたくないという方にとっても選択肢になる。

一人暮らし

一人暮らしの場合

年5,748円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯AとLooopでんきの電気料金を比較

中国・四国地方の一人暮らし世帯電気代平均:68,532円(5,711円/月)
Looopでんきの一人暮らしの電気代概算:62,784円(5,232円/月)

2人

DINKS(2人)の場合

年16,402円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯AとLooopでんきの電気料金を比較

中国・四国地方の2人暮らし世帯電気代平均:116,626円(9,719円/月)
Looopでんきの2人暮らしの電気代概算:100,224円(8,352円/月)

3~4人家族

3~4人家族の場合

年23,039円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯AとLooopでんきの電気料金を比較

中国・四国地方の4人暮らし世帯電気代平均:142,847円(11,904円/月)
Looopでんきの4人家族の電気代概算:119,808円(9,984円/月)

中国電力からの乗り換えにおすすめの電力会社 その3:シン・エナジー

ライフスタイルに合った電気料金プランの選択でさらにお得にシン・エナジー

シン・エナジー・画像

シン・エナジーは、兵庫県神戸市に本社を置きエネルギー事業を展開するシン・エナジー株式会社が提供する新電力のサービス。2018年4月に洸陽電機から社名変更をした。中国地方でもサービスを提供しており、一般家庭向けの電気料金プランは、「きほんプラン」と「生活フィットプラン」の2つ。「きほんプラン」は、電気使用量が少ない家庭ほどお得になるので、一人暮らし、2人世帯で時間・曜日に関わらず電気を使用する世帯におすすめ。一方で「生活フィットプラン」は、電気をたくさん使用する世帯向けの電気料金プランで、休日と夜間の電気料金を特に安く設定。働いており平日日中自宅にいないという方はこちらの電気料金プランのほうがお得になる。家族の人数、電気使用量、ライフスタイルに応じてプランを選択すると良いだろう。

一人暮らし

一人暮らしの場合

年3,847円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯Aとシン・エナジーの電気料金を比較

中国・四国地方の一人暮らし世帯電気代平均:68,532円(5,711円/月)
シン・エナジーの一人暮らしの電気代概算(2,616kWhで概算):64,685円(5,390円/月)

2人

DINKS(2人)の場合

年7,511円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯Aとシン・エナジーの電気料金を比較

中国・四国地方の2人暮らし世帯電気代平均:116,626円(9,719円/月)
シン・エナジーの2人暮らしの電気代概算(4,176kWhで概算):109,115円(9,092円/月)

3~4人家族

3~4人家族の場合

年9,299円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯Aとシン・エナジーの電気料金を比較

中国・四国地方の4人暮らし世帯電気代平均:142,847円(11,904円/月)
シン・エナジーの4人家族の電気代概算(4,992kWhで概算):133,548円(11,129円/月)

中国電力からの乗り換えにおすすめの電力会社 その4:ミツウロコでんき

一人暮らしなら「シングル応援プラン」がお得ミツウロコでんき

ミツウロコでんき・画像

ミツウロコでんきは、LPガスの販売や住宅設備機器事業を行う、株式会社ミツウロコヴェッセルが提供する新電力のサービス。自社発電に加え各発電事業者から電源を調達しており、長期的な仕入原価を安定的に確保することで電気料金の安さを実現している。中国電力の管内で提供している電気料金プランでは、従量料金単価300kWh以上で25.76円(税込)/1kWhとなり、中国電力の29.04円を大きく下回る。さらに、「シングル応援プラン従量電灯A」では、15〜120kWhの電気料金が従量電灯Aプランよりも割安に。

一人暮らし

一人暮らしの場合

年800円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯Aとミツウロコでんきの電気料金を比較

中国・四国地方の一人暮らし世帯電気代平均:68,532円(5,711円/月)
ミツウロコでんきの一人暮らしの電気代概算(2,616kWhで概算):67,732円(5,644円/月)

2人

DINKS(2人)の場合

年5,600円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯Aとミツウロコでんきの電気料金を比較

中国・四国地方の2人暮らし世帯電気代平均:116,626円(9,719円/月)
ミツウロコでんきの2人暮らしの電気代概算(4,176kWhで概算):111,026円(9,252円/月)

3~4人家族

3~4人家族の場合

年8,200円お得!

詳細・内訳はこちら

中国電力の従量電灯Aとミツウロコでんきの電気料金を比較

中国・四国地方の4人暮らし世帯電気代平均:142,847円(11,904円/月)
ミツウロコでんきの4人家族の電気代概算(4,992kWhで概算):134,647円(11,221円/月)

  • 家族別の全国平均について
    総務省公表の家計調査結果の結果をもとに、単身世帯の中国・四国地方の電気代平均と全国平均の差(%)を、2人世帯全国平均,4人世帯全国平均に適用し、試算。

まとめ

毎月の電気料金の節約額はわずかだとしても、年間を通せば、無視できない金額になります。それが5年、10年と積み重なっていけば、その差は数万円、数十万円になることも少なくありません

また、電力会社の乗り換えは、電気代の明細を手元に用意しておけば、自宅にいながらネットで簡単に行うことができます。このわずかな手間で電気料金の節約になるのであれば、取り組まない理由はないでしょう。

現在中国電力を利用しているものの「生活の無駄をなくしたい」「電気料金を少しでも節約したい、」と考えている方は、今回ご紹介した中国電力から乗り換えることで確実に電気料金が安くなる新電力を是非活用してみてください。