都市ガス利用者が知っておきたい、ガス自由化のメリットとデメリット、切り替え時のポイントとは?

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリット

更新

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリッ

電力の小売自由化に続き、2017年4月からは都市ガスも自由化されました。今まで東京ガスや大阪ガスなどの地域ガス会社を利用していた方も、既存のガス会社だけでなく、新たにガス供給を始める新ガス会社への切り替えが可能に。

ガスも電気も自由に選べるようになったことで、料金の安いガス会社・電力会社を利用できる点が、ガス自由化&電力自由化の最大の魅力です。
しかし、肝心の供給会社をどのように選べばよいかわからず、とりあえず様子見をしているという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、都市ガス利用世帯が知っておきたいガス自由化のメリット&デメリット、ガスを切り替える際にチェックしたいポイント等を解説。
ガス自由化を機に自宅のガス代を節約したい方、電気とセットで切り替えたいと考えている方は、本特集を参考にガス自由化のイロハを押さえておきましょう!

ガス自由化、どんな企業が参入しているの?

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリッ

現在、ガス供給事業に参入しているのは、関東エリアではニチガス東京電力エナジーパートナーレモンガス河原実業ガスパルの5社。このうちニチガス・レモンガス・河原実業は東京電力エナジーパートナーからガス供給を受けており、実質的には東京電力傘下のガス会社と言えます。
関西エリアでは関西電力が早くから都市ガスへの参入を表明し、ガス料金プランを発表しました。
一方、それに対抗するのは、東京ガス(関東エリア)、大阪ガス(関西エリア)等をはじめとする既存の都市ガス各社です。
また、将来的には、ニチガスなどと同じく東京電力エナジーパートナーからガス供給を受けるイーレックスや、国内にLNG(液化天然ガス)基地を持つJXTGエネルギー、そして、中部電力と大阪ガスが共同出資する新会社(CDエナジーダイレクト)などが、関東エリアの都市ガス供給事業へ参入を予定しています。

ガス自由化のメリット

1価格競争により都市ガスの料金が安くなる

ガス自由化のもっとも大きなメリットが、複数の企業が参入することによる都市ガス料金の低価格化です。新規参入企業のガス料金は、自由化前の各ガス会社の料金プランと比較すると、最大8%、平均で3%前後ほど安くなります

2電気とのセットプランやセット割引が増える

都市ガスに新規参入する企業の多くは、電気の供給も行う電力会社か、大手電力会社から都市ガスの供給を受けているプロパンガス会社などです。そのため、ガス自由化後は、電気とガスをセットで供給する会社が増加しました。
一方、東京ガスや大阪ガスをはじめとする既存の都市ガス会社でも、電力自由化とともに電気の供給をスタートしており、それぞれの会社で電気とガスのセットプランを用意しています。これらのセットプランを契約すると、ガス料金や電気料金の割引を受けられる場合が少なくありません。たとえば、東京ガスの場合、電気とガスをセットにすることで毎月の電気料金を270円割り引くサービスを提供。また、東京電力傘下のガス会社では、月額100円のガス料金割引を受けることができます。

3メーター交換が不要で電気よりも切り替えが簡単

電力自由化では、電気を切り替えるにあたって、各家庭の電力量計を、「スマートメーター」と呼ばれる新型の電力量計に交換する必要があります。
一方、都市ガスの切り替えでは、ガスメーターの交換は不要。切り替えの申込みをした時点で、ガス会社が変更されるため、電気の切り替えと比較しても手間がかかりません(ただし、電気とガスをセットで切り替える場合は、電気のほうでスマートメーターへの交換が必要になります)。

4都市ガスの普及やLPガスの料金透明化に期待

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリッ

ガス自由化の効果は、まだ目に見えるかたちではあらわれていません。しかし、今後も都市ガスの参入企業が増えていくことでガス料金単価の高いLPガスから都市ガスへの乗り換えが活発化したり、LPガス料金の透明化が進むことが期待されています。
LPガスの料金は、関東地方で月額10,330円(ニチガス*1)対する都市ガスは月額3,421円(東京ガス*2)となっており、両者の料金格差が問題になっています。※ともに2018年2月分、使用量:20m3の場合
ガス自由化で様々な企業が都市ガス事業に参入すれば、LPガスから都市ガスに切り替える際の工事費用が見直されたり、切り替え時の特典が用意されるなどして、切り替えが加速する可能性が高くなります
また、LPガスの料金は、ガス事業者や地域による差が大きく、不透明な料金体系が問題視されています。ガス自由化により、消費者のガス料金に対する意識が高まれば、これらの情報公開が進むことも期待できます。

*1 ニチガスのガス料金:ニチガス|ニチガスのガス料金について
*2 東京ガス料金(一般契約料金):ガス料金表(家庭用/業務用・工業用 共通)|東京ガス株式会社

ガス自由化のデメリット

1ガス自由化の対象は都市ガスのみ

2017年のガス自由化は都市ガス利用世帯が対象です。都市ガス以外の世帯が利用しているLPガスは、すでに自由化されており、ガス事業者ごとに異なるガス料金を提供しています。

2LPガスから都市ガスに切り替える場合は工事が必要

ガス自由化を機に、LPガスから都市ガスへの切り替えを考える方も多いでしょう。その場合は、都市ガスを供給するガス本管からの引き込み工事が必要になります。工事費用は、公道を走るガス管から自宅までの距離によって異なり、距離が長い場合は、10~15万円前後の費用がかかることもあります

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のポイント

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリッ

ガス自由化の参入企業は、2018年3月現在、全国で10社未満とわずかです。しかし、今後も新規参入を予定する企業が複数社あり、各社の料金プランやサービスなどが順次発表されます。自由化の対象となる都市ガス利用世帯では、ぜひこのチャンスを生かしてガス代節約につなげましょう。
ガス自由化にあたってチェックしたいポイントは、おもに以下の4つです。

1毎月のガス使用量とガス料金を把握しよう

自由化後のガス料金が現在と比較してどの程度安くなるかを調べるためにも、毎月のガス使用量とガス料金を知っておくことが大切です。
家計簿をつけていたり、ガス会社から発行される検針票(ガス使用量のお知らせ)を保管している場合は簡単ですが、検針票が手元にない場合は、ガス会社の会員サイトの利用(無料)がおすすめ。たとえば、東京ガスが運営するmy TOKYO GASでは、毎月のガス使用量とガス料金を過去2年分まで確認できます。登録にはガス検針票に記載されている「お客様番号」が必要になるため、保管していない場合は次回のガス検針日を待ってトライしましょう。

2電気とガスをセットで切り替える方法も検討

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリッ

ガス自由化で検討したいのが、ガスと電気をセットで切り替える方法です。前述のとおり、都市ガス事業に参入する企業の多くは電力供給も手がけているため、ガスと電気をセットで切り替える利用者に対して割引等の特典を用意しています。
ガスだけでなく電気の切り替えも視野に入れ、ガスと電気、トータルでいくら安くなるか、という視点を持っておくと、光熱費の節約効果が高い会社を選ぶことができるでしょう
なお、ガスと電気をセットで切り替える場合は、ガスの使用量と料金に加えて、毎月の電気使用量と電気料金を調べておくこともポイントです。電気の使用量や料金は、ガスと同じく、毎月の検針票や、電力会社が運営する会員サイトで確認することができます。

3付帯サービスの有無

ガス事業者の料金プランが発表され始めたら、料金以外の様々な情報もチェックしましょう。たとえば、すでに電気とガスのセット供給をしている東京ガスの場合、切り替え世帯向けに「生活まわり駆けつけサービス」やポイントの付与、会員制レシピサイトの無料利用といったサービスを提供しています。ガス料金に加えて、事業者が提供する付帯サービスの充実度を比較してみるのも一つの方法です

4解約違約金の有無

電力自由化で新規参入した電力会社の中には、契約後一定期間以内に解約をすることで解約違約金が発生するものがあります。同じく新しい都市ガス事業者を選ぶ際も、違約金の有無は要チェックポイント。契約期間の縛りや解約時の扱いについては、申し込みの前に必ず確認しましょう。

おすすめのガス&電力会社

東京ガス ずっとも電気

東京ガスが提供する新電力サービス。申し込み件数100万件超と圧倒的な人気を誇る。都市ガス利用者は電気とガスのセット割(月額270円)を利用可能。ポイントサービスや生活まわり駆けつけサービスなどの特典も充実している。

東京ガス画像

電気料金 月々の電気代が5,500円以上の場合、ほとんどのケースで電気代を節約可能(※東京電力エナジーパートナー・従量電灯Bと比較した場合)
特典
  • 「ガス・電気セット割」で月々270円割引!
  • 提携プロバイダへの乗り換えで「トリプル割」適用 月々100~300円割引に
キャンペーン
  • ガスと電気セット割で月270円OFF! ガス・電気・プロバイダのトリプル割で月最大570円OFF!

レモンガス わくわくプラン

関東エリアのプロパンガス事業者・レモンガスが提供する都市ガス料金プラン。東京ガスの従来プラン(一般料金)と比較すると、平均で5%ほど割安な料金体系を実現している。電気・宅配水・光プロバイダなどの提携サービス利用でもガス料金を割引。

レモンガス画像

ガス料金 東京ガスの従来プラン(一般料金)と比較すると約3%から5%ほど割安
特典
  • 「3,000円割引」新規申込でもれなく4ヶ月目の請求額から3,000円(税込)割引
  • 「電力セット割引」東京電力エナジーパートナーの新しい電気料金プラン(プレミアム S/L)とセットで契約すると月々100円(税込)割引
  • 「アクアクララセット割引」アクアクララの宅配水を都市ガスとセットで新規に申し込むと月々324円(税込)割引
  • レモンガスが提供する光回線と都市ガスをセットで新規に申し込むと月々540円(税込)割引
  • ガス器具(給湯器・コンロ)をレモンガスから購入する場合、チラシ価格からさらに5,000~10,000円(税込)割引
キャンペーン
  • 新規申し込みで、もれなくギフトカード2,000円分をプレゼント