都市ガス利用者が知っておきたい、ガス自由化のメリットとデメリット、切り替え時のポイントとは?

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリット

更新

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリッ

電力の小売自由化に続き、2017年4月からは都市ガスが自由化されます。今まで東京ガスや大阪ガスなどの地域ガス会社を利用していた方も、既存のガス会社だけでなく、新たにガス供給を始める新ガス会社への切り替えが可能に。

ガスも電気も自由に選べるようになることで、料金の安いガス会社や電力会社を利用できる点が、ガス自由化&電力自由化の最大の魅力です。
ただし、肝心の供給会社をどのように選べばよいかわからず、どりあえず様子見をしているという家庭も少なくありません。

そこで今回は、ガス自由化に備えて都市ガス利用世帯が知っておきたいメリット&デメリット、ガスを切り替える際にチェックしたいポイント等を解説。
ガス自由化を機に自宅のガス代を節約したい方、電気とセットで切り替えたいと考えている方は、本特集を参考にガス自由化のイロハを押さえておきましょう!

ガス自由化、申し込みはいつから? どんな企業が参入するの?

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリッ

ガス自由化のスタートは、2017年4月から。ガスの供給会社が料金プラン等を発表し、切り替えの申込を受け付け始めるのは、それよりも早い2017年1月頃になる予定です。 現在、ガス供給事業への参入を予定しているのは関西電力東京電力(供給会社はニチガス)中部電力の大手電力会社3社。それに対抗するのは、東京ガス(関東エリア)、大阪ガス(関西エリア)、西部ガス(九州エリア)等をはじめとする都市ガス各社です。 また、将来的には国内にLNG(液化天然ガス)基地を持つJX日鉱日石エネルギーなどの石油会社が、都市ガス供給事業に参入する可能性もあります。

ガス自由化のメリット

1価格競争により都市ガス料金が安くなる

ガス自由化のもっとも大きなメリットが、複数の企業が参入することによる都市ガス料金の低価格化です。電力自由化では、新電力の電気料金は既存の大手電力会社と比較し、平均10%前後安くなっており、都市ガスでも同程度の料金引き下げが期待されています

2電気とのセットプランやセット割引が増える

都市ガス事業に新規参入する企業の多くは、電力供給も行う電力会社です。都市ガス会社も16年4月の電力自由化から電力事業を推し進めており、中には東京ガス「ずっとも電気」のように、新電力シェアの過半数を占める企業も。
そのため、ガス自由化後は、より多くの企業が、電気とガスのセットプランを提供することが予想されます。東京ガスの場合、電気とガスをセットにすることで毎月の電気料金を270円割り引くサービスも提供しており、このような「セット割」も複数の企業が導入を検討するでしょう。

3メーター交換が不要で電気よりも切り替えが簡単

電力自由化では、電気を切り替えるに当たって、各家庭の電力量計を、「スマートメーター」と呼ばれる新型の電力量計に交換する必要があります。一方、都市ガスの切り替えでは、ガスメーターの交換は不要。ガス切り替えの申込みをした時点で、ガス会社が切り替わるため、電気の切り替えと比較しても手間がかかりません(ただし、電気とガスを同時に切り替える場合はスマートメーターの交換が必要)。

4都市ガスの普及拡大やLPガスの料金透明化に期待

都市ガス利用者は要チェック!ガス自由化のメリット&デメリッ

都市ガスが自由化されることによって、消費者がガス料金に敏感になり、LPガスから都市ガスへの乗り換えが活発化したり、LPガス料金の透明化が進むことも期待されています。
LPガスの料金は、関東地方で月額9,483円(ニチガス*1)対する都市ガスは月額3,598円(東京ガス*2)となっており、両者の料金格差が問題になっています。※ともに2016年10月分、使用量:20㎥の場合
ガス自由化で様々な企業が都市ガス事業に参入すれば、LPガスから都市ガスに切り替える際の工事費用が見直されたり、切り替え時の特典が用意されるなどして、切り替えが加速する可能性が高くなります
また、LPガス料金は、ガス事業者や地域による差が大きく、同一地域の中でも世帯によって料金設定が異なる等、不透明な料金体系が問題視されています。ガス自由化により、消費者のガス料金に対する意識が高まれば、これらの情報公開が進むことも期待できます。

*1 ニチガス料金:ニチガス|ガス料金の比較
*2 東京ガス料金(一般契約料金):ガス料金表(家庭用/業務用・工業用 共通)|東京ガス株式会社

次のページ ガス自由化のデメリットとは?