賃貸でガス会社を変えたい!変更の手順や必要なもの、おすすめの都市ガスは?

賃貸でガス会社を変えたい場合の対処法

更新

賃貸でガス会社を変えたいと思ったら?

賃貸でガス会社を変えたいと思ったら?

2017年の都市ガス自由化により、都市ガス利用世帯でもガス会社を自由に選べるようになりました。
政府が主導するこのガス自由化の目的は、複数のガス会社が参入することによって自然な価格競争を起こし、都市ガスの料金を値下げする方向へと持っていくこと。

そのため、新たに参入したガス会社の多くは、ガス料金の単価を従来のガス会社よりも安くなるように設定されています。つまり、ガス会社を変更することで、ガス料金を節約できる可能性は極めて高いのです。
このガス自由化のメリットは、持ち家世帯だけではなく、実は賃貸物件に住んでいる方も条件を満たしていれば、受けることが可能。そこで本特集では、賃貸でガス会社を変えたい場合の手順や注意点、賃貸におすすめのガス会社の情報などを解説します!

賃貸でガス会社を変えるときの手順と準備するもの

都市ガス変更の手順

  • 変更先のガス会社を決める
  • 都市ガス変更の申し込みをする
  • ガス会社から変更日の連絡がくる
  • 変更完了

都市ガス変更の際に準備するもの

  • ガスの検針票(電気とセットで切り替える場合は電気の検針票等も必要)

ガス会社を変える手順は、持ち家でも賃貸であっても変わりません。
まずは変更先のガス会社を決め、インターネットや電話で切り替えを申し込みます。申し込みから一定期間経過すると、ガス会社から契約変更日の連絡が届くため、その日をもって都市ガスの変更は完了となります。

電力会社を切り替える場合は、スマートメーターへの交換が必要になる等、変更までに時間を要する場合がありますが、都市ガスの場合は、配管もメーターも従来のものをそのまま利用するため、原則として申し込むだけで変更の手続きを完了することができます。

手続きの際は、ガスの検針票を手元に準備しておきましょう。検針票に記載されている「供給地点特定番号」や「お客様番号」などが切り替えの際に必要となる場合があります。

賃貸でガス会社を変えられるケース・変えられないケース

都市ガスの変更手続きは非常に簡単ですが、使用しているガスの種類や、賃貸のガス契約状況などによっては、ガス会社を変えることができない場合があります。

ガス会社を変えられるケース

  • 都市ガスを使用している
  • 戸別のガスメーターがある
  • 選択肢がある(他の都市ガス会社が参入している)

ガス会社を変えられないケース

  • プロパンガスを使用している
  • 建物全部でガス供給を管理
  • 選択肢がない(他の都市ガス会社が参入していない)

今回、ガス自由化の対象となったのは家庭用ガスの中でも「都市ガス」のみです。プロパンガスは、ガス自由化の以前からすでに自由化されており、1エリアに複数の業者が参入しています。

賃貸でガス会社を変えたいと思ったら?

現在、住んでいる賃貸が「都市ガス」であれば、前述の通り、契約先を変えるだけですむため、ガス会社の変更は簡単に行うことができます。
しかし、物件が「プロパンガス」の場合、ガス会社の変更や、プロパンガスから都市ガスへの変更などは、通常は入居者の一存では決められません(家主や管理会社とプロパンガス事業者のあいだで期間契約が結ばれている場合や、都市ガスの引きこみ工事が必要になる場合があるため)。

また、ガスの契約が戸別でない場合(管理会社が一括でガスを契約し、入居者は管理会社に対してガス料金を支払っているケースが多い)も、戸別にガス会社を変更することは難しいでしょう。

なお、地域によっては、賃貸のあるエリアに新規参入のガス会社が存在せず、従来の都市ガス会社しか選択肢がない場合もあります。

ガス会社を変えたいと思った際は、上記の①から③のポイントをチェックして、現在の賃貸物件がガス会社を変更できるかどうか確認してみましょう。

賃貸におすすめのガス会社は?(東京ガスエリアの場合)

現在、新規参入のガス会社が最も多いのは、東京ガスが都市ガスを供給している東京・神奈川・埼玉・千葉などの首都圏エリアです。
多くのガス会社が、東京ガスの従来のガス料金(一般料金)と比較して割安な料金体系を打ち出していますが、中でも、ガス料金の割引率が高く、都市ガスのみで契約が可能な(電気とセット契約にする必要がない)ガス会社としては、以下の4社があります。

レモンガス

レモンガス画像

ガス自由化で新規参入したプロパンガス会社「レモンガス」の都市ガス。東京ガス(一般料金)と比較すると約4.6%、最大で約25.0%安くなる。また、東京電力エナジーパートナーの電気とセットで契約すると月額100円の「電力セット割」を適用。その他、都市ガス料金がもれなく3,000円割引になる新規申込キャンペーンも実施している。万一のガス漏れなどの緊急時は東京ガスが、ガス機器や導管トラブルなどの問い合わせはレモンガスが対応。

東急パワーサプライ 東急でんき&ガス

東急パワーサプライ

東急グループの電気・ガス事業者「東急パワーサプライ」が提供する都市ガス。東京ガス(一般料金)と比較すると、ガス料金は最大で7.2%安くなる。 同じく東急パワーサプライが提供している電気とのセット割引等はないものの、TOKYU CARDでガス料金や電気料金を支払うことでポイント還元を受けられる。また、東急関連施設の利用者向けにプレミアムなサービスを提供する「TOKYU ROYAL CLUB」への入会資格が、ガスと電気でそれぞれ1カウントずつもらえる。

河原実業 ちょいトク1

河原実業 ちょいトク1画像

ガス自由化で新規参入したプロパンガス会社「河原実業」の都市ガス。東京ガス(一般料金)と比較すると、基本料金・従量料金の両方で単価を引き下げており、切り替えによる節約効果が大きい。また、初回の請求額から950円が割り引かれる「スタートキャンペーン」も実施。東京電力エナジーパートナーの電気とセットで契約することで、月額100円の割引も受けることができる。

ニチガス プレミアム5+プラン

ニチガス画像

プロパンガス大手のニチガスが提供する都市ガス。東京ガス(一般料金)と比較すると、ガス料金は約3.6%、最大で30%安くなる。東京電力エナジーパートナーの電気とセットで契約すると月額100円の「電気セット割引」を適用。その他、ビットコインでガス料金を支払うと月額100円引になる「ビットコイン割引」や、お釣りで投資ができる「トラノコ」の利用者を対象とした「トラノコ割」などユニークな割引サービスが多い。

賃貸でもガス会社を変えることは可能!簡単な手続きでガス料金を節約しよう

賃貸でガス会社を変えたいと思ったら?

賃貸の物件が都市ガスであれば、ガス会社を変えることは非常に簡単です。
変更後のガス料金は平均して5%程度の値引きとなるガス会社が多いため、金額にすると少ないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、契約を変更するだけでガス料金が安くなるのであれば、少しでも早く、従来のガス会社から新しいガス会社に変更したほうが、光熱費節約の恩恵を受けることができます。また月々の金額はわずかでも、それが3年、5年、10年と積み重なっていけば、数万円、十数万円という差になるケースも珍しくありません。

ちなみに、ガス漏れなどのトラブルの際は、今まで通り、地域の都市ガス会社が対応する取り決めになっているため、緊急時の対応も従来までと変わりません。

電力自由化・ガス自由化と、家庭のエネルギーまわりの変更が続いていても、なかなか電力やガスの供給会社を切り替えるところまではいかない……という方は、まず電気と比較して圧倒的に短時間で完了するガス会社の変更を試してみて、光熱費の節約効果をチェックしてはいかがでしょう?