電力会社の選び方を、わかりやすく解説。最適な電力会社を選び、電気料金を節約しよう

電力会社の選び方|お得な電気料金プランを選び、節約しよう

更新

日々の生活で、車を使わないという方はいても、電気を使わないという方はまずいません。電気は私たちの生活に密接に関わっている必須ツールですが、これまで私たちは、国の規制によって、電気の供給を受ける電力会社を選ぶことができませんでした。しかし、この規制が2016年4月1日についに完全撤廃。各家庭が電気の供給を受ける電力会社を自由に選ぶことができる電力自由化が本格的にスタートしました

ちなみに、電力自由化によって新たに産まれる一般家庭向けの電力小売りの市場規模は、7兆円超と言われており、この巨大マーケットに参入するため、数多くの企業が、新たに電力会社(※もしくは事業部)を設立し、サービスを開始しています。
これらの新たな電力会社は、東京電力エナジーパートナーなどの既存の電力会社と比較し、割安な電気料金を提示しているところが多く、自社の関連サービスを利用することで割引額がアップするセット割や、期間限定で特典が付帯する電力会社切り替えキャンペーン等、様々なサービスを展開。各社が提供するサービスは日々複雑になっており、初心者がこれらの情報を選別し、最適な電力会社を選ぶのは簡単ではありません。

電力会社の選び方

そこでエネセーブが、電力会社の切り替えが初めてという方にもしっかりご理解いただけるよう、電力会社を選ぶポイントをわかりやすく解説。電力会社の切り替えを検討している方は、本特集を参考に、ライフスタイルに合った電力会社を賢く選び、電気料金を節約しましょう!

電力会社の選び方 その1:電気使用量で選ぶ

数ある電力会社の選び方のなかでも、最もシンプルでわかりやすいのが、電気使用量で選ぶ方法です
電気料金は通常、電気使用量によって単価が異なります。この単価の設定は、電力会社各社が独自に設定しており、大きく分けると以下の2つのタイプに分かれます。

1つめは、電気使用量が多ければ多いほど、電気料金の単価が下がり、割引額が増えるタイプ。このタイプを採用している電力会社は、3人以上の世帯など電気使用量が多い家庭(※毎月の電気料金の目安は5,000円以上)に適しており、電力会社を切り替えることで、電気代の大きな節約が期待できます。

電力会社の選び方

もう1つは、電気使用量に関わらず、電気料金の割引率を一定にしているタイプ。このタイプを採用している電力会社は、1人暮らしや夫婦共働きなど、電気使用量が少ない家庭(※毎月の電気料金の目安は5,000円以下)に適しており、電力会社の切り替えで、必ず一定金額節約できるはずです。

電力会社の選び方に迷う場合は、電気使用量で選べば、まず間違いありません。エネセーブでは、現在の電気料金プランと電気代を入力することで、おすすめの電気料金プランがわかる、電気料金シミュレーションを提供しています。よろしければ是非こちらもご活用ください。

電気使用量別 おすすめの電力会社

  • 毎月の電気料金が5,000円以下の場合

HTBエナジー(H.I.S.) たのしいでんき

各エリアの大手電力会社の電気料金プランの単価と比較した際、常に5%割安の単価を提示。30アンペア契約で、毎月の電気料金が5,000円以下の場合、他の多くの電力会社と比較しても、電気料金は最安レベル。

おすすめ電気料金プランたのしいでんき 東京大江戸プラン 従量電灯B

東京電力エナジーパートナーの一般家庭向けの電気料金プラン「従量電灯B」の電気料金と比較すると5%安い電気料金プラン。

  • 毎月の電気料金が5,000円以上の場合

JXエネルギー ENEOSでんき

東京電力エナジーパートナーの類似プランと比較した場合、電気使用量が多ければ多いほど、ENEOSでんきの電気料金のほうが割安になる。東京電力エナジーパートナーの一般家庭向けの電気料金プラン「従量電灯B」を利用しており、毎月の電気料金が5,000円以上の場合、ENEOSでんきに切り替えることで、ほとんどの家庭が電気料金を節約することが可能。

おすすめ電気料金プランENEOSでんき

2年契約で「にねんとく2割」が適用され、電気使用量1kWhあたり電気料金が0.2円値引きに(※電気料金が月平均5,000円の場合、年間およそ400~500円引きに)

次のページ 電力会社の選び方 その2:セット割で選ぶ