光熱費のカード払いってどう?口座振替割引よりも得するケースや、各社の割引制度を解説

光熱費のカード払いは、損なの?得なの? 口座振替割引よりも有利になるための条件とは。

更新

光熱費のカード払いは、損なの?得なの? 口座振替割引よりも有利になるための条件とは。

節約テクニックの一つに「光熱費のカード払い」があります。電気やガスは、ほとんどがカード払いに対応。普段からクレジットカードを利用している方であれば、カード払いは、「光熱費」という毎月必ず発生する費用を、「ポイント」というお得に替えるすぐれた節約方法です。口座振替のように引落口座の残高を気にしたり、払込のようにコンビニ等へ出向く必要がないのも、カード払いのメリットと言えるでしょう。

ただし、電気代・ガス代の金額と、クレジットカードのポイント還元率(何円の支払いで何ポイントが付与されるか)によっては、カード払いをすることでかえって損をしてしまうケースがあります。

口座振替割引に注意しよう

関東エリアの場合、東京電力エナジーパートナー(以下、東電EP)と東京ガスには、それぞれ「口座振替割引」があります。割引は、東電EPおよび東京ガスの料金を口座振替で支払っている家庭が対象で、月々の電気代やガス代から54円(税込)が差し引かれます
この口座振替割引よりも、クレジットカードで得できる金額が少ないと、せっかくのカード払いが意味を持ちません。口座振替割引よりも得をするためには、ポイント還元率0.5%のクレジットカードの場合で、電気代が10,800円以上である必要があります

10,800円(電気代)×0.5%(ポイント還元率)=54円(ポイントでお得になる金額)

ちなみに、0.5%とは、一般的なクレジットカードのポイント還元率です。このポイント還元率が1.0%のカードを利用すると、5,400円以上の電気代を支払っている家庭であれば、口座振替割引を上回るようになります。
楽天カードOricoCard THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)リクルートカードなど、ポイント還元率が1.0%を上回るカードはめずらしくありません。光熱費をカード払いにする際は、ぜひ手持ちのクレジットカードのポイント還元率を調べてみましょう。

新電力でも電気料金の割引を受けられる

電力自由化で新たに登場した電力会社(新電力)の中には、口座振替割引以上にお得な割引を提供しているところもあります。
たとえば、KOYOでんきには、口座振替割引のほかにクレジットカード割引があります。割引額は、東京電力エナジーパートナーと同じ月額54円(税込)。ただし、カード払いのポイントとは別に割引が適応されるため、お得度は東電EPを上回ります。さらに、電気料金プランにおいても、基本料金が東電EPの10~45%OFF(従量電灯B・30A以上の場合)となるなど、お得度の高い電力会社です。

また、東京ガスも、電気とガスをセット契約することで、月額270円の割引を実施しています。東電EPの電気代と東京ガスのガス代をそれぞれ口座振替で支払うよりも割引額が大きいうえ、電気料金は従量料金部分が最大13%OFF ※東電EPの従量電灯B・30A以上と比較した場合。電気代1,000円につき15円分のポイント(パッチョポイント)ももらえる等、こちらもお得面で要チェックの電力会社と言えるでしょう。

2016年4月に電気、2017年4月に都市ガスが自由化されたことによって、個々の電力会社やガス会社も独自の割引サービスをスタートしており、光熱費節約の選択肢が広がりました。
それでも、電気代やガス代のカード払いは、手間なくできる節約方法として、つねに上位に入るテクニック。特に口座振替割引のない新電力に切り替える場合は、カード払いがもっともお得な支払方法となります

クレジットカードのポイント還元率は、原則的に高いほうが有利です。光熱費の支払いに限らず、メインカードとして普段のショッピング等に活用することもできるので、光熱費のカード払いを検討する場合は、ポイント還元率に注目したカード選びもあわせて行うと良いでしょう