夜など一定の時間帯の電気料金が安くなる「時間帯別電気料金プラン」に注目。新電力で割安なのは?

電気料金の安い時間帯はある?時間帯別料金プランのある電力会社に注目

更新

電気料金の安い時間帯はある?時間帯別料金プランのある電力会社に注目

「電気料金は夜のほうが安くなる」という話を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。
電力自由化がスタートする前まで、東京電力エナジーパートナーを始めとする既存電力会社では、夜間など特定の時間帯の電気料金を他の時間帯よりも低めに設定したプラン(夜得プラン、半日お得プランなど)を提供していました。
電力自由化スタートを機に、これらの時間帯別電気料金プランの多くは、募集停止、または大幅にリニューアルされています。たとえば、東京電力の旧プランである「半日お得プラン」と、類似の新プラン「夜トク12」(いずれも夜9時から翌朝9時までの電気料金が割安)を比較すると、電気の使用量や使用時間帯が同じであった場合、「半日お得プラン」のほうが圧倒的に有利です。

東京電力エナジーパートナーの時間帯別電気料金プランを新旧で比較

試算条件:契約アンペア40A、電気使用量400kWh [ 朝(昼間)時間:夜時間=4:6 ]

【旧】半日お得プラン・・・1ヶ月あたり電気料金 7,108円(税込)

【新】夜トク12・・・1ヶ月あたり電気料金 11,656円(税込)

【参考】従量電灯B*・・・1ヶ月あたり電気料金 11,147円(税込)
*従量電灯B:時間帯ではなく電気の使用量に応じて電気料金が決まる。電力自由化以前のもっとも一般的な電気料金プラン。

そのため、残念ながら、電力自由化後の電気料金については、必ずしも「夜の方が安い」とは言い切れません。
しかし、大手電力会社の電気料金プランが改悪される一方で、2016年4月から新たに一般家庭への電力供給を開始した新電力では、時間帯によってお得になる様々な電気料金プランが提供されています

時間帯別電気料金プランの中でも、特に割安なのは、KOYOでんきと昭和シェル石油が提供する電気料金プラン。KOYOでんきは基本料金と時間帯別料金の両方で東京電力エナジーパートナーの「従量電灯B」や「夜トク」よりも価格を抑えています。
一方、昭和シェル石油は、時間帯別料金と、ガソリン代の値引きによって、同じく東京電力エナジーパートナーよりも優位性のある電気料金プランを提供。
どちらのプランも、一人暮らしや共働き世帯など、昼間の電気使用量が少なく、夜間や休日に、より多くの電気を使う家庭にとっては、非常に有利な電気料金プランと言えるでしょう。

電力自由化のスタートにより、電気は比較して選ぶ時代になりました。新電力の中には、大手電力会社にはない有利な電気料金プランを提供しているところも少なくありません
自由化以前からずっと同じ電力会社を利用しているという方も、ご自身の毎月の電気代や電気使用量を参考に、今よりもお得になる電力会社がないかどうか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

KOYOでんき 生活フィットプラン

KOYOでんき 生活フィットプラン

地熱発電や水力発電による再生可能エネルギーに強い新電力。時間帯別の電気料金プランである「生活フィットプラン」では、基本料金が東京電力エナジーパートナー(従量電灯B)と比較して45%割安。時間帯別料金は、平日昼間のデイタイムと、夜22時以降のナイトタイムのほかに、「休日」と「起床~出勤前」「帰宅~就寝前」を想定したライフタイムがある。デイタイムとナイトタイムの中間にライフタイムを設けることで、電気を使う時間帯を調節しやすい。また、口座振替やクレジットカード払いで月額54円の割引も受けることができる。

時間帯別の電気料金

  • デイタイム(平日9時~18時)・・・32.45円/kWh
  • ライフタイム(平日8時~9時および18時~22時、休日8時~22時まで)・・・25.62円/kWh
  • ナイトタイム(毎日22時~翌日8時)・・・17.65円/kWh

※その他、契約アンペアごとの基本料金あり → KOYOでんきの評判

電気料金の試算

1ヶ月あたり 9,818円(税込)
東京電力(従量電灯B)11,147円と比較すると、月額1,329円割安。年間15,948円の節約!
※40A契約、月間電気使用量400kWh(デイタイム:ライフタイム:ナイトタイム=2:3:5)の場合
※燃料調整費、再生エネルギー促進賦課金、口座振替・クレジットカード払いによる割引は試算に含みません。

昭和シェル石油 昼はもちろん夜に差が出る電気

昭和シェル石油 昼はもちろん夜に差が出る電気

大手石油会社・昭和シェル石油が手がける新電力。基本料金は東京電力エナジーパートナー(従量電灯B)と同一だが、時間帯別料金において午後8時から翌朝7時までの深夜料金を割安に設定。また、デイタイムも150kWまでであればナイトタイムよりお得。車を運転する家庭は、クレジットカードを事前登録し、昭和シェル石油での給油時にガソリン代をカード払いすると、リッター1円の割引も受けられる。「シェル-Pontaクレジットカード」等の提携クレジットカードを利用すると、リッターあたり2ポイントのpontaポイントも獲得可能。

時間帯別の電気料金

  • デイタイム(100kWhまで)・・・19.91円/kWh
  • デイタイム(100kWh超過150kWhまで)・・・23.22円/kWh
  • デイタイム(150kWh超過)・・・27.32円/kWh
  • ナイトタイム(午後8時~翌朝7時)・・・23.35円/kWh

※その他、契約アンペアごとの基本料金あり → 昭和シェル石油の評判

電気料金の試算

1ヶ月あたり 10,112円(税込)
東京電力(従量電灯B)11,147円と比較すると、月額1,035円割安。年間12,420円の節約!
ガソリンを1ヶ月あたり50L給油する場合、月額1,085円割安。年間13,020円の節約!
※40A契約、月間電気使用量400kWh(デイタイム:ナイトタイム=4:6)の場合
※燃料調整費、再生エネルギー促進賦課金、口座振替・クレジットカード払いによる割引は試算に含みません。