ENEOSでんきがキャンペーンを実施。Amazonをお得に利用できるAmazonプライムが1年間無料に!

ENEOSでんきが2017年最後のキャンペーンを実施!年内の申し込みでAmazonプライムが1年間無料に

更新

ENEOSでんきが2017年最後のキャンペーンを実施!年内の申し込みでAmazonプライムが1年間無料に

大手石油会社JXTGエネルギーが提供する「ENEOSでんき」が、2017年12月31日までの期間限定キャンペーンを実施中です。
期間中に、インターネット経由でENEOSでんきのVプランに申し込むと、もれなくAmazonの有料会員サービス(Amazonプライム)を1年間利用可能

インターネット通販をよく利用する方であれば、知らない人はいないAmazonですが、プライム会員は、Amazonの豊富な商品を、送料無料・日時指定無料で配送してもらうことができます(プライム対象商品の場合)。
また、100万曲以上の音楽が聴き放題となる「Prime Music」、映画やTV番組を見放題で楽しめる「プライム・ビデオ」、対象の電子書籍が読み放題の「Prime Reading」といった無料コンテンツも充実。その他、写真をクラウド上で保存・共有できる「プライム・フォト」や、ベビー用品が最大15%OFFになる「Amazonファミリー」、タイムセールに30分早く参加可能な「会員限定先行タイムセール」など、お得な特典も付帯します。

Amazonプライム会員になるためには、通常3,900円(税込)の年会費がかかりますが、今回のキャンペーンでは、2017年中にENEOSでんきに申し込むことで、Amazonプライムを1年間無料で利用できます。すでにプライム会員となっている場合は、会員資格が1年間延長されるため、新規の入会者と実質的に同じ特典を受けることが可能。インターネット通販、中でもAmazonを頻繁に利用する方にとっては、見逃せないキャンペーンと言えるでしょう。

ENEOSでんきに切り替えて電気代は節約できる?

それでは、東京電力などの既存会社を利用している家庭が、ENEOSでんきに切り替えた場合、電気代はどの程度お得になるのでしょうか。
ENEOSでんきの料金プランを見てみると、基本料金(契約アンペアに応じて毎月発生する定額料金)については、東京電力の従来プランとまったく同額です。
ただし、従量料金(電気の使用量に応じて発生する料金)は、使用量が120kWhを超えた部分が10%以上割安に、300kWhを超えた部分については約14%以上も割安になります
つまり、電気使用量が多い家庭ほど、電気料金の割安度が高く、電気代の節約効果が高まるのが、ENEOSでんきの特徴と言えるでしょう。
毎月の電気使用量が120kWh以上のご家庭であれば、ENEOSでんきに切り替えることで、Amazonをお得に利用できるだけでなく、電気代の節約効果も期待できます。冬の暖房費が気になる方は、この機会に電力会社の切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

ENEOSでんきと東京電力(従量電灯B)の電気料金比較

ENEOSでんき 東京電力
基本料金 10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円
従量料金 最初の120kWhまで 20.76円 19.52円
120kWhをこえて300kWhまで 23.26円 26.00円
300kWhをこえる分 25.75円 30.02円