電気代の支払いがお得になる方法

電気代の支払いがお得になる3つの方法

更新

電気代の支払いがお得になる3つの方法

電気代を節約するために努力している方は多いと思いますが、電気代の支払い方法まで工夫されている方は少ないのではないでしょうか?

実は電気代は、支払い方法によってお得度が変わるため、電気代を徹底的に節約したいと考えている方は、支払い方法から見直す必要があります。

ちなみに電気代の支払いでお得になる最も簡単な方法は、クレジットカード払いを利用し、ポイントを貯める方法ですが、口座振替や払込みでもケースによってはお得になることも

今月のエネセーブのニュースは、電気代の支払いがお得になる3つの方法を紹介します。電気代の節約に取り組まれている方は、是非チェックしてみてください。

電気代の支払いをおさらい

まずは電気代の支払い方法をおさらいします。下記は主要な電力会社で利用できる支払い方法をまとめたものです。

支払い方法
東京電力 口座振替(54円割引)、クレジットカード、払込み、電子マネー
ENEOSでんき 口座振替、クレジットカード
東京ガスずっともでんき 口座振替(54円割引)、クレジットカード、払込み
HTBエナジー 口座振替、クレジットカード、払込み(※手数料200円)

大手電力会社、新電力共に必ず用意しているのが口座振替とクレジットカードによる支払いです。また多くは払込みにも対応していますが、HTBエナジーは払込み票1通につき200円の手数料がかかります。

配送コストがかかる支払い方法に関しては、手数料がかかるケースがあるので注意しましょう。

電気代の支払いがお得になる方法 その1:口座振替による割引を活用

東京電力や東京ガスのずっともでんきは、口座振替を利用すると、電気代が54円割引になるサービスが利用できます

クレジットカード払いや払込みによる方法を選んだ際のお得度が54円を下回る場合は、口座振替を選ぶと良いでしょう。

ただし口座振替による割引を提供している電力会社がごく一部です。自身が利用している電力会社で利用できるかどうか、しっかり確認した上で手続きしましょう。

毎月の電気代が7,000円の場合の電気代節約額(年間):648円

電気代の支払いがお得になる方法 その2:クレジットカードのポイントを貯める

電力会社はほぼ全てがクレジットカードによる支払いに対応しています。またクレジットカード会社も電力会社の支払いに利用してもらうことができれば、カードの積極的な利用に繋がるため、賞品が当たるキャンペーンを実施しているケースも少なくありません

電気代の支払いにクレジットカードを利用する場合、ポイント還元率が高いカードを選ぶことが重要です。

例えば電気代が月7,000円の家庭で、ポイント還元率が0.5%のカードを利用した場合と1%のカードを利用した場合では、電気代の年間節約額に350円差がつきます

少しの手間をかけるだけで、長い目で見ると数千円、1万円と節約額に差がつくことになるので、お得なクレジットカードを上手く上手く活用しましょう!

エネセーブおすすめ ポイント還元率が高いクレジットカード

ジャックスリーダーズカード

初年度年会費無料、次年度以降も年間30万円(月2万5,000円)以上のカード利用で年会費が無料になる。ポイント還元率はクレジットカード最高峰の1.25%。ネットショッピングで利用すると最高1.75%までアップする。電気代の支払いにももちろん対応しており、効率よくポイントを貯めることができる。

毎月の電気代が7,000円の場合の電気代節約額(年間):1,050円

電気代の支払いがお得になる方法 その3:払込みの場合は電子マネーの活用でお得

毎月しっかり電気代を確認できる払込みが良いという方は、セブンイレブンの電子マネーnanacoとセブンカード・プラスを組み合わせることで、ポイントを貯めることができます。

方法はとても簡単でnanaco一体型のセブンカード・プラス、もしくはセブンカード・プラスと紐づいたnanacoにクレジットチャージするだけでOK。セブンカード・プラスで電子マネーnanacoにチャージすると、200円につき1nanacoポイント貯めることができ、貯めたポイントは1nanacoポイントを1円換算で利用できます。

つまり電気代の金額分チャージすることで、その金額の0.5%がポイントとして戻ってくる訳です。
(※ちなみに通常nanacoで支払うと100円につき1ポイント貯めることができますが、電気代の支払いに関してはこのポイントは対象外になっているので、注意しましょう。)

払込みを選んだ方は、この方法を上手く活用し、電気代の節約に繋げましょう。

毎月の電気代が7,000円の場合の電気代節約額(年間):420円