口座振替とクレジットカード払い、電気料金がお得になるのはどっち?

電気代は口座振替とクレジットカードのどちらで支払うのがお得?

更新

電気代の支払いはクレジットカードがお得とは限らない?

「ポイントが貯まるから、電気代の支払いはクレジットカードにしている」という方も、多いのではないでしょうか。
確かに、ポイントが付くクレジットカード払いは、便利でお得な場合がほとんどです。ところが、クレジットカード払いにすることが、必ずしもお得にならないケースがあるのをご存知でしょうか?

実は、どの支払い方法がお得になるかは「電気代」「口座振替による割引の有無」「カードのポイント還元率」により異なります。本特集では、口座振替割引とクレジットカード払い、どちらが電気代のお得な支払い方法なのか、ケースごとに解説します。

口座振替とクレジットカード払いのお得度を比較

一人暮らしの電気代を節約する方法

東京電力では、電気代を口座振替にすることでひと月54円(税込)の割引が適用されます。料金の多寡に関わらず同額の割引が適用されるため、口座振替の年間割引額は、どの家庭でも648円(税込)です。

クレジットカード払いにしている場合、648円以上のポイントが還元されるのであれば、口座振替よりもクレジットカード払いのほうがお得と言えます。では、実際にシミュレーションをしてみましょう。

東京電力利用:クレジットカードのポイント還元率が1%の場合

  • 年間電気代が64,801円(月5,400円)以上であれば、クレジットカード払いのほうがお得になります。
  • 年間電気代が64,800円(月5,400円)以下であれば、口座振替のほうがお得になります。

東京電力利用:クレジットカードのポイント還元率が0.5%の場合

  • 年間電気代が129,602円(月10,800円)以上であれば、クレジットカード払いのほうがお得になります。
  • 年間電気代が129,601円(月10,800円)以下であれば、口座振替のほうがお得になります。

東京電力を利用している場合には、「クレジットカードのポイント還元率」と「電気料金」の2つのポイントをチェックすれば、もっともお得な支払い方法がわかります。シミュレーションを参考に、点検してみましょう。

ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードをチェック!

楽天カード

楽天カード

楽天が発行する年会費無料のクレジットカード。電気代支払いなどでもらえる基本のポイントは100円につき「楽天スーパーポイント」が1ポイント(ポイント還元率1.0%)。楽天市場のショッピングではポイント還元率が2倍にアップする。さらに楽天市場アプリを利用し楽天カードで支払うと100円につき5ポイントがもらえる(ポイント還元率5.0%)ため、楽天市場ユーザーは利便性が高い。貯めたポイントは楽天市場で1ポイント=1円で利用可能。

口座振替割引のない新電力は、カード払いがお得!

口座振替とクレジットカード払い、電気料金がお得になるのはどっち?

2016年の電力自由化以降、消費者は、従来の地域電力会社に加えて、新たに登場した「新電力」の電気も選べるようになりました。経済産業省によると、新電力の電気料金は、既存の電力会社と比較し5%前後割安*となっていますが、これらの新電力では、多くの場合、口座振替割引を用意していません

中には、コンビニ払いなどに利用する払込票を発行することで料金が発生するケースもあり、電力会社を新電力に切り替える場合は、電気代をクレジットカードでの支払ったほうがお得になる可能性が高いでしょう。

また、電力会社ごとに独自ポイント制度や他のポイントサービスとの提携を行っている場合も多く、「クレジットカード払い+独自(提携)ポイントを貯める」というのが、もっともお得で効率的と言えます。

さらに、ガス会社が提供する電気の場合は、電気代とガス代をまとめて支払うことで口座振替割引よりも大きな割引が適用されることがあります

例えば、東京ガスでは、ガス料金を口座振替で支払うことで、ひと月54円の割引が適用されますが、それとは別に「ガス・電気セット割」というものがあります。これは、電気・ガスどちらも東京ガスにすることで、電気代からひと月270円が割り引かれる制度。「ガス・電気セット割」は、クレジットカード払いも可能です。そのため「ガス・電気セット割を利用し、クレジットカードで支払うのが、一番お得」という結論になります。(ただし、「ガス・電気セット割」は、ガス代と電気代の支払いを同一のクレジットカードに設定することが条件です。)

*自由化1年、新電力切り替え5.4% 都市部に偏り(朝日新聞デジタル)

東京ガス ずっとも電気

東京ガスが提供する電気料金プラン。一般家庭向けの「ずっとも電気1」は契約アンペアが30A以上の家庭が対象。月々の電気代が5,500円以上の家庭であれば、東京電力の従来プランと比較して割安になる可能性が高い。電気代1,000円につき「パッチョポイント」が15ポイント貯まり、Tポイントや楽天スーパーポイント、東京ガスのオリジナルグッズ等、様々な賞品と交換できる。東京ガス利用世帯であれば「ガス・電気セット割」に加え、プロバイダも含めた「トリプル割」の利用も可能

おすすめ!クレジットカード払いで割引を受けられる電力会社

電力自由化により、多くの選択肢ができた反面「どこの会社がお得なの?」と迷ってしまう方も、多いでしょう。

そのような方におすすめしたいのが「KOYOでんき(洸陽電機)」です。初めて聞く方も多いかもしれませんが、神戸に本社を置く電力会社で、地熱や水力に加えバイオマス・太陽光発電などの再生可能エネルギーに力を入れています。クリーンエネルギーを支持したい方にとっても、おすすめできる電力会社ですが、そのお得さにも注目が集まっています。

KOYOでんき(洸陽電機)

洸陽電機・画像

  • 電気代のクレジットカード払い、口座振替ともにひと月54円(税込)の割引が適用される
  • 電気料金200円ごとにJALのマイルが1マイル貯まる
  • JALカードのショッピングマイル(年会費税込3,240円)利用で年間最大1800マイル

電気代の割引とマイルの特典を両方受けることができるのが、KOYOでんきのメリット。ひと月の電気料金が1万円(年間料金12万円)の場合、年間648円の割引にプラスして600マイルがたまる計算になります。料金が高くなるほど、マイルが貯まるので電気使用量が多い家庭におすすめと言えるでしょう。
電気代をクレジットカード払いにした場合は、それとは別に、クレジットカードのポイントも加算されるため、3つのメリットを同時に受けることが可能です。

「電気代」「口座振替による割引の有無」「カードのポイント還元率」の3項目をチェック

「電気代を少しでも安くしたい」「お得に支払いたい」という方は、まずご家庭の電気代を確認してみてください。次に、電力会社による割引サービスをチェックします。電気代の額によっては、口座振替の方がお得になる場合があるのは、本特集でご理解いただけたと思います。

そして、鍵になるのはクレジットカードのポイント還元率。ポイント還元率の高いクレジットカードであれば、その分電気料金もお得になる可能性が高くなります。高還元のクレジットカードは、普段のショッピング利用でもメリットが大きいので、これを機にクレジットカードの見直しも検討してみてはいかがでしょうか。

また、ガス会社が提供する電気に切り替えて「セット割引」を利用したり、KOYOでんきなどのメリットの多い電力会社に変更するのも選択肢の一つです。少しでも電気代をお得にするため、今すぐ比較をしてみましょう。

(著者:久我裕紀)