プロパンガスを節約する方法は? ガス料金を安くする2つのポイントを解説!

プロパンガス(LPガス)の節約 -ガス料金を安くする2つのポイント-

更新

ガス代は光熱費の中でも大きな割合を占めています。特にプロパンガス(LPガス)は、都市ガスと比較するとガスの料金単価が高く、毎月のガス代がかさみがち。

そこで今回は「プロパンガスの節約」にスポットを当て、プロパンガスの料金を安くする方法や、ガス機器の上手な使い方などを紹介します。

プロパンガス料金の相場はいくら? 現在のガス契約をチェックしよう

プロパンガスを節約するためには、まず現在のガス契約をチェックする必要があります。基本料金や従量料金(1㎥あたりの単価)、毎月のガス代とガス使用量を調べ、「適正価格」と比較する際の目安にしましょう。

プロパンガス料金の計算式

プロパンガス料金=基本料金+従量料金(1㎥単価×ガス使用量)+消費税

※基本料金や従量料金は、毎月発行されるガスの検針票でチェック可能(記載がない場合は、ガス事業者に確認)

エネピ

エネピ

アイアンドシー・クルーズが運営するプロパンガスの一括見積サイト。全国のLPガス会社と提携し、エネピの採用基準を満たした約20,000社の優良ガス会社の中から複数社の見積もりを提示してくれる。提示されたガス料金に納得できない場合は断ることも可能。見積もりの提示から切り替えまで、すべてカスタマーサポートが担当し、プロパンガスの切り替えに関する各種相談にも対応している。

プロパンガスの相場(適正価格)とは?

プロパンガス(LPガス)の節約

プロパンガスの料金は、ガス会社や供給エリアによって大きく異なります。ただし、本来の「適正価格」は、都市ガスと同程度。関東エリアであれば、基本料金は1,500円前後、従量料金は1㎥あたり270~300円前後が、プロパンガスの適正価格と言われています

※プロパンガスは都市ガスの2.2倍のエネルギーを持つため、都市ガスの従量料金単価を2.2倍した値が、同じ地域のプロパンガスの適正価格となる。

しかし、プロパンガスの価格はガス会社が自由に設定できるため、適正価格以上のガス料金を支払っている家庭も少なくありません。
たとえば、下の表は、関東エリアのプロパンガス料金の「平均価格」と「適正価格」とを比較したものです。すべての項目において、平均価格が適正価格を上回っており、多くの家庭が適正価格よりも高いガス料金を支払っていることがわかります。

プロパンガス料金の適正価格と平均価格を比較(関東エリア)

使用量 適正価格 1㎥単価(適正価格) 平均価格 1㎥単価(平均価格)
基本料金 1,620円 1,750円
5㎥ 3,240円 324円 4,436円 537.2円
10㎥ 4,860円 324円 7,047円 529.7円
20㎥ 8,100円 324円 12,067円 515.9円
50㎥ 17,820円 324円 25,987円 484.7円

※消費税込
※5~50㎥の価格は基本料金を含む
※適正価格…プロパンガス料金消費者センター<関東地方のプロパンガス適正料金表>(2014年5月)をもとに計算
※平均価格…一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター LPガス月別(2016年10月)をもとに計算

ガス会社を切り替えてプロパンガス料金を節約しよう

実際よりも割高なガス契約をしている場合、料金単価の安いガス会社に切り替えるだけで、プロパンガスの料金を大幅に抑えることができます。「切り替えまではしたくない」という場合は、適正料金と比較したうえで、現在のガス会社に価格交渉をしても良いでしょう。
最近は、『プロパンガス料金消費者センター』や『一般社団法人 プロパンガス料金適正化協会』などの団体が、プロパンガス料金の適正化に賛同するガス会社と提携し、ガス契約の見直しやガス料金の価格交渉などをサポートしています。

プロパンガス消費者生活センター

東京に拠点を持つプロパンガス会社の切り替え相談サイト。公式サイト上の「料金診断」で現在のガス使用量とガス料金を入力すると、適正料金かどうかを診断。適正価格を上回る場合は、最寄りの優良ガス会社の候補ををピックアップしてくれる。切り替え後の値上げを防止する「適正料金保証書」も発行。ガス会社の変更手続きを代行してくれる点もうれしい。

一般社団法人 プロパンガス料金適正化協会

プロパンガスの料金相談・契約トラブル・価格交渉などに対応する一般社団法人。適正価格の提供に賛同する優良ガス会社の紹介も行う。一部サービスは有料。値下げ交渉成立後の価格維持(アフターフォロー)にも対応している。

ガス機器の使い方もチェック!ガス使用量を抑えるポイントは?

ガス契約の見直しと同時に、家庭内でのガスの使い方も工夫をしてみましょう。ガスの消費量が多いのは、給湯器や暖房(ガスファンヒーター等)。また、頻繁に料理をする家庭では、ガスコンロのガス消費も馬鹿になりません。

給湯器

家庭内でもっともガスを使用するのが給湯器です。冬場は特にお湯を使用する頻度が高いため、ガスの消費量もアップ。ガス代を節約するためには、毎回新たにお風呂を沸かすのではなく、追い炊きを活用するとよいでしょう。沸かしたあとの保温機能も使用せず、すぐに切るのがおすすめです。

暖房

プロパンガス(LPガス)の節約

ガスファンヒーターやガスストーブも、ガスの消費量が多い機器の一つです。ガス代を節約するためには、自動運転やエコ運転機能を活用しましょう。また、どうしてもガスでなければならない場合を除いては、エアコンに切り替えるのもおすすめです。

ガスコンロ

ガスコンロのガス消費量は、上記のガス機器よりも少なめです。ただし、使用頻度や使い方によっては一定量のガスを消費するため、上手な使い方を覚えましょう。
コンロの火は、鍋の底からはみ出ないよう中火をキープ。圧力鍋を利用したり、電子レンジで下ごしらえをすると、食材に素早く火が通り、ガス代を節約することができます。また、コンロに焦げや煤が溜まっていると、余分なガスを使用するため、こまめな掃除を心がけましょう。

プロパンガス(LPガス)の節約~まとめ~

プロパンガス(LPガス)の節約

プロパンガスを節約する場合、大切なのはガス料金とガス使用量という2つのポイントをチェックすることです。
まずは基本料金や従量料金といった固定されている「ガス料金」を見直したうえで、家庭内でのガス機器の使い方を工夫し、「ガス使用量」を減らしましょう。
料金と使用量をともに改善することで、どちらか片方を見直すよりも、ずっと効果的なプロパンガスの節約が可能になります