一人暮らしにおすすめのガス会社とガス代を節約するための方法

一人暮らしでもお得!おすすめのガス会社とは?

更新

一人暮らしのガス代、都市ガスなら節約のチャンス!

一人暮らしの1か月のガス代は平均3,000円前後が相場です。
家計全体に占めるガス代の割合は決して大きくないため、普段、節約を意識している方でも、ついつい見過ごしてしまっている出費の一つではないでしょうか。

実は現在、都市ガスを使用している方であれば、一人暮らしであってもガス代を手軽に節約する方法があります。
その方法とは、2017年4月にスタートしたガス自由化を利用し、今より料金が安いガス会社を選ぶだけ。上手くガス会社を切り替えることができれば、毎月のガス代を自動的に節約することができるのです。
ちなみに持ち家はもちろん賃貸でも簡単にガス会社を切り替えることができ、手続きの手間もほとんどかかりません

そこで本特集では、「一人暮らしにおすすめのガス会社」にスポットを当てて、ガス会社を切り替える方法や、おすすめのガス会社(東京ガスエリア)、一人暮らしのためのガス代節約のテクニック等をご紹介します。

ガス会社を切り替える方法は?

都市ガスの切り替え手続きは非常に簡単です。主な手順は以下の通り。

ガス会社を切り替える手順

①ガスの検針票を用意する
②ガス会社に切り替えを申し込む(インターネット、電話)
③ガス会社から変更日の連絡がくる
④切り替え完了

ガス会社に切り替えを申し込むと、しばらくして、書面(はがき)やメール等で変更日の連絡が届きます。

ガス会社を切り替えるのに、切替工事やガスの停止などは一切必要ありません。通知された変更日をもって切り替え手続きは完了します。
持ち家でも賃貸でも手続方法は変わりません。賃貸の場合は、家主や管理会社への連絡も不要です。
また、従来のガス会社への停止手続きも新規に申し込んだガス会社のほうで対応してくれることから、解約手続きは必要ありません。

なお、申し込みにあたっては、ガスの「供給地点特定番号」や「お客様番号」が必要になるため、ガスの検針票は手元に準備しておきましょう。

ガス料金の支払い方法をクレジットカード払いにしたい場合は、クレジットカードの用意も必要になります。

あわせて読みたい【賃貸でガス会社を変えたい場合の対処法】

columnこんな場合は要注意!ガス会社の切り替えができないケース

画像

基本的にはほとんど手間がかからず、簡単にできる都市ガスの切り替えですが、なかには切り替えができないケースもあります。
集合住宅などで、建物全体が1つのガス契約を締結している場合は、個別の切り替えは不可。この場合は、ガスメーターも世帯ごとではなく、一括で管理されていることが多く、検針票も個人個人には発行されません。
また、他のガス会社の参入がなく、既存のガス会社以外の選択肢がない地域も、切り替えはできません。

なお、ガスには都市ガスのほかにプロパンガス(LPガス)もあります。
プロパンガスは、都市ガスよりも早く自由化されており、それぞれの地域で業者が価格やサービスを競い合っているため、都市ガスと同じように価格を比較して安いほうに切り替えることでガス代を節約できます。

ただし、賃貸の場合は、家主や管理会社がプロパンガスと契約しているケースもあるため、勝手に切り替えるのは避けましょう
プロパンガスから都市ガスへの変更も、都市ガスのパイプ引き込み工事が必要になり、工事費用もかかるため、賃貸住宅では難しいため、一人暮らしの方は多くの場合、対象外になるでしょう。

ガス会社の切り替えができないケース

・ガスを一括契約している
・他に参入しているガス会社がない
・プロパンガスを利用している

一人暮らしにおすすめのガス会社は?(東京ガスエリアの場合)

ガス自由化によって新しくガス供給をはじめた会社の多くは、既存のガス会社よりもガス料金の単価を引き下げています。
つまり、自由化のあとに参入したガス会社であれば、割引率の差はあるものの、ほとんどの会社でガス代を節約することができます

一人暮らしにおすすめのガス会社は、ガスの使用量に応じて変化する「基本料金」「単位料金」のうち、もっとも使用量が少ない「A表」の部分の料金を値下げしているガス会社です。

レモンガス わくわくプラン

レモンガス わくわくプラン画像

プロパンガス会社の「レモンガス」が提供する都市ガス。
東京ガスの一般料金と比較すると、ガス料金が約4.6%、最大で約25.0%安くなる
東京電力エナジーパートナーの電気とセットで契約すると月額100円の「電力セット割」が適用されるが、セット契約は必須ではなく都市ガスのみの切り替えも可能。
その他、「新規申込キャンペーン」として初回の都市ガス料金がもれなく2,000円割引になる。万一のガス漏れといった緊急時の対応は東京ガスが行い、ガス機器や導管トラブルなどの問い合わせについてはレモンガスが対応している。

東急パワーサプライ 東急でんき&ガス

東急パワーサプライ 東急でんき&ガス画像

東急グループの電気・ガス事業者「東急パワーサプライ」が提供する都市ガス。
東京ガスの一般料金と比較すると、ガス料金は最大で7.2%安くなる
東急パワーサプライでは、都市ガスに加えて電気の提供も行っているが、ガスと電気をセットで契約した場合の割引等は特にない。(その代わり、都市ガスのみでの切り替えも可能。)
TOKYU CARDでガス料金や電気料金を支払うとポイントが貯まるほか、東急グループの利用者向けにプレミアムなサービスを提供する「TOKYU ROYAL CLUB」への入会資格が、ガスと電気でそれぞれ1カウントずつもらえる。

一人暮らしのガス代を節約するテクニック

ガス会社の切り替えに合わせて、ガス代を節約するその他のテクニックも見てみましょう。
一般に、ガス代は、給湯器やガスコンロの使用頻度が上がる冬場に高くなる傾向があります。

もっともガス代アップの原因となるのは給湯器。ガスの使用量を減らすためには、まず給湯器の使い方に工夫をしてみましょう。

給湯器にかかるガス代を節約するテクニック

画像

  • 給湯器の設定温度を下げる

夏場は38~40度、冬場は40~42度が適温です。

  • 「保温」機能は使わない

給湯器によってはお風呂を入れたあと自動的に「保温」スイッチが入り、定期的に追い焚きをします。入浴時は保温スイッチを切ると良いでしょう。

  • 夏場はシャワーを利用する

お風呂よりもシャワーのほうがガスの使用量を下げることが出来ます。ただし、ガス代が下がる代わりに水道代がアップする可能性もあるため、節水シャワーヘッド等の利用で節水対策も同時に行うのがおすすめです。

  • 保温グッズの利用

湯船に保温用の中蓋などを敷き、追い焚き機能を使わないようにすると良いでしょう。

給湯器の次にガスを使うのが、ガスコンロです。自炊をすることが多い方はコンロの使い方も工夫してみましょう。

ガスコンロにかかるガス代を節約するテクニック

画像

  • ガスコンロの掃除をこまめにする

こげつきなどの汚れがあると、熱の伝導効率が落ちるため、ガスの消費量がアップしがちです。ガスコンロはこまめな掃除を心がけましょう。

  • ガスの火の強さ

ガスコンロの火の強さは、通常サイズの鍋やフライパンであれば中火がおすすめです。とくに鍋を上から見たとき、鍋の底よりも火が大きい場合は、ガスを無駄に使用しているため火力を調整しましょう。

  • 調理方法を工夫する

調理の際に食材を電子レンジで下ごしらえしたり、圧力鍋・保温グッズ等の利用でガスを使う時間を減らす方法もおすすめです。

ガスの切り替えはとても簡単!ガス会社を切り替えて一人暮らしのガス代を節約しよう

画像

ガスの切り替えは、電気のようなスマートメーターへの交換が不要なため、申込み手続きのみですばやく手続きが完了します。
電気料金と比較すると、割引率に差が出るケースも少なくないことから、ガスの使用量が少ない一人暮らし世帯でも節約効果を実感することができるでしょう。

電力自由化・ガス自由化と続き、電力会社やガス会社を切り替えるかどうか迷っている方は、まずは簡単なガス会社の切り替えからスタートしてみてはいかがでしょう。