Array

再生可能エネルギーを利用できる電力会社・新電力は?

更新

持続可能社会へ貢献しよう

電力自由化に伴い、電気料金の安さを重視し電力会社を乗り換える方が増えています。しかし、中には料金だけでなく、エコに力を入れた電力会社を選びたいという方もいるでしょう。最近では「サステイナブル(持続可能)な社会」という言葉が定着し、環境への配慮が求められる時代になりました。

本特集では、再生可能エネルギーを利用できる電気会社の選び方と、おすすめの電力会社を4つ紹介します。環境への負荷の少ない暮らしを実現するために、本特集を参考にエコに力を入れている電力会社を選んでみてはいかがでしょうか。

再生可能エネルギーに強い電力会社の見つけ方

チェックポイント1:電源構成

再生可能エネルギーに強い電力会社を見つけるには、まず「電源構成」に注目しましょう

再生可能エネルギーを利用できる電力会社・新電力は?

電源構成とは、どのような種類の発電方法を採用し、それぞれの発電方法による電力がどのような割合で使用されているかを示すものです。電力会社では多くの場合、火力や風力・水力・原子力などを組み合わせて発電を行っています。

実は、この電源構成の公表は義務ではありません。そのため、再生可能エネルギーに強い電力会社を見つける際は、電源構成を公開しているかどうかを確認したうえで、どれくらいの割合で再生可能エネルギーを使用しているのかをチェックする必要があります。

ただし、電力会社は、自社所有の発電所だけでなく、再生可能エネルギーによる発電を買い取る「FIT電気」を使用しているケースもあります。現状では、自社発電で100%再生可能エネルギーを実現している電力会社はありません。環境に配慮した電力会社を選びたい場合は、少しでも再生可能エネルギーの割合やFIT電気の割合が大きな電力会社を選ぶと良いでしょう

チェックポイント2:二酸化炭素排出係数(CO2排出係数)

再生可能エネルギーに強い電力会社を見つけるための2つ目のチェックポイントは、「二酸化炭素排出係数(CO2排出係数) 」です

二酸化炭素排出係数(CO2排出係数)とは、発電時に排出する二酸化炭素の排出量を示す指標。1kWhの電気を作るために排出したCO2の量を表し、数値が0に近いほど環境に優しい発電を行っていると言えます。

ただし、原子力発電を利用している電力会社の場合も、CO2排出係数は下がります。数値が低いからといって、必ずしも地球環境に配慮しているどうかは難しい問題です。個人の考え方次第ですが、原子力発電には賛成できないという方は、CO2排出係数に加え、電源構成も併せて確認しましょう。

再生可能エネルギーを利用できる電力会社

Looopでんき

Looopでんき

株式会社Looop(ループ)が提供する新電力、「Looopでんき」。株式会社Looopは、太陽光発電システムの開発等を手がける企業です。東日本大震災で被災地に太陽光発電システムを設置するボランティアから生まれ、再生可能エネルギーの利用に積極的な新電力の一つです

一般家庭向けの「おうちプラン」の電源構成はFIT電気23.4%、水力発電2.6%と、およそ4分の1の電力を再生可能エネルギーでまかなっています。また、基本料金が無料となっている点も、Looopでんきの特徴の一つ。東京電力の従量電灯B、40A契約で月に520kWh使用した場合と比較すると、電気料金がおよそ1,230円(年間14,700円)安くなります。

ソフトバンクでんき

ソフトバンクでんき

携帯電話事業で知られるソフトバンクも、新電力サービス「ソフトバンクでんき」を開始しました。再生可能エネルギー比率の高いプラン「自然でんき」は、森林保全にも貢献できる電気料金プラン。契約期間中、全国63箇所の森を守るプロジェクトに、ソフトバンクが一定額の支援を行います。同社は、今後再生可能エネルギーの比率を50%にすることを目標としています

基本料金はLoopでんきと同じく0円で、使った分だけの料金体系です。従量料金は、東京電力従量電灯Bの第2段階料金(120kWh以上使用の場合)と同価格。基本料金がない分、料金が安くなる可能性が高いでしょう。

東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナーも、再生可能エネルギーに力を入れたプラン「東京電力エナジーパートナーアクアエナジー」を提供しています。東京電力グループの一般水力発電所で発電された電気のみを使用する点が、最大の特徴

「アクアエナジー100プラン」の基本料金は、東京電力従量電灯Bプランのおよそ2倍ほどです。従量料金は最初の300kWhまで23.40円/1kWh、300kWhを超えた分は30.02円/1kWh。現在と同じ電気使用量の場合、トータルではやや高めの料金となる可能性があります。
しかし、水源地である尾瀬などで開催される自然体験に抽選で参加することができたり、料金の一部が水力発電の拡大のための事業に使われたりと、料金の安さ以外の部分でメリットがあります。エコを重視する方には、有力な選択肢と言えるでしょう。

グリーナでんき

グリーナでんき

産業用太陽光発電設備の建設・販売などを行うネクストエナジー・アンド・リソースが運営する、新電力サービス「グリーナでんき」。日本で初めて100%自然エネルギーを使用した「GREENa RE100」プランが用意されています。自社発電ではないものの、電力の買取制度(FITエネルギー、グリーン電力証書)を活用し、再生可能エネルギー100%を実現しています。もちろん、CO2排出係数もゼロです。

「GREENa RE100」プランの電気料金は、東京電力従量電灯Bプランと同じ料金体系となっているため、電気使用量が変わらなければ料金が高くなることもありません。

まとめ ― 料金以外の基準を持つ ―

再生可能エネルギーに強い電力会社は、電気料金の安さを特徴としている電力会社に比べると、切り替えても料金が変わらないケースや、反対に料金が高くなるケースが考えられます。
しかし、長い目で見れば再生可能エネルギーの拡大・維持に貢献することができるため、利用する価値は十分にあると言えるでしょう。

料金の安さだけでなく、環境への配慮に前向きかどうかも、電力会社を選ぶ際の基準としてみてはいかがでしょうか

(著者:久我裕紀)