電力会社 切り替えの方法は?

電力会社を切り替える方法は?

更新

電気料金を節約するため、電力会社の切り替えを検討したいと思っています。でも何だかめんどくさそうで・・・。どういう手順で電力会社を切り替えれば良いのでしょうか?

ANSWER

電力会社を切り替える方法は?

電力会社の切り替えは、切り替えを希望する電力会社のホームページまたは代理店等で申し込み手続きを行うだけでOKです
現在契約している電力会社の解約は自動的に行われるため、解約の連絡や手続きは必要ありません。

ちなみに電力会社の切り替えには、検針票(電気使用量のお知らせ)とスマートメーターと呼ばれる新しい電力量計測器の設置が必要になります。

検針票

電力会社の切り替えを行う際には、検針票に記載されている「供給地点特定番号」と「お客様番号」が必要です
供給地点特定番号は、2016年1月以降の検針票の左上に記載されている22ケタの番号です。それ以前の検針票には、供給地点特定番号の記載がないため、電力会社を切り替える手続きを行うことができません。電力会社を切り替える際は、2016年1月以降の検針票を準備しましょう。

スマートメーター

電力会社を切り替え、新しい電力会社の利用を開始するためには、スマートメーターと呼ばれる新しい電力量計測器の設置が必要です。このスマートメーターの設置は、順次おこなわれていますが、まだ全ての家庭で切り替わっている訳ではありません。まだ自宅の電力量測定器が旧式のメーターを使用している場合も、新しい電力会社への切り替えを申し込むと同時に、自動的にスマートメーターに切り替わるので心配はありません。
スマートメーターの設置にかかる費用は無料となっており、スマートメーターを設置する際、加入者にかかる負担は原則としてありません。

※東京電力エナジーパートナー管内では、2020年までにすべての家庭にスマートメーターの設置が行われる予定です。電力会社の切り替えを行わない家庭でも、スマートメーターの設置は順次行われますが、電力会社の切り替えを行う家庭には、優先的に設置工事が行われることになっています。

電力会社の切り替えに必要な手続きは、そのほとんどが自動で、めんどうな作業は必要ありません。大事なのは電気料金の節約につながる電力会社を選ぶことです。電力会社の切り替えを「めんどくさいのでは?」という理由から躊躇されている場合、この機会に切り替えを検討してみてはいかがでしょう?

エネセーブでは、おすすめの電力会社や、電力会社を切り替えることで、電気料金がどのくらい節約できるのかがわかる、電力会社比較電気料金シミュレーション等、様々なコンテンツをご用意しています。よろしければ是非ご活用ください。

電気・ガスの比較や光熱費の節約に役立つ「電気・ガス Q&A」一覧